« ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない | Main | 「海街diary」 »

「万引き家族」

「万引き家族」見てきた。
土曜日の夜の時間でも、いつもなら映画館と同じ階の駐車場も半分くらいしか埋まらず、シアターホールに入っても、観客は中央の見やすい場所に1割くらいしか入っていないが、車の込み具合、ホールの入りを見ても人気映画とわかる。
 是枝監督が描くのは「そして父になる」では「家族」。今回もどうも家族らしい。
お涙頂戴だったらいやだなあと思ったが、そういうところはなかった。

樹木希林は昔の記憶だとお笑いに近いが、最近はキーになるいい役をやる。

最近ニュースで見聞きすることが多い、今の日本の深い課題を、2時間でまとめ、しかも映画としては、どんでん返し感を感じられる、凝ったいい映画だと思う。

しかし、是枝監督の映画は俳優がたいてい同じなのがどうも・・・。
リリー・フランキーに過去見た映画の役がいろいろ重なる。

P.S この映画の舞台は東京の下町、最近はスカイツリーを写すことで簡単に表示できる。バス停のシーンは下町らしさがない見覚えのある広い道路だった。リリーフランキーが新規一転やり直す土地ということなんだろう。

|

« ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない | Main | 「海街diary」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「万引き家族」:

« ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない | Main | 「海街diary」 »