« December 2017 | Main

中村清太郎の「祖父ヶ岳と鹿島槍ヶ岳」

 中村清太郎の「祖父ヶ岳と鹿島槍ヶ岳」という油彩を入手。

 祖父ヶ岳とはもちろん爺ヶ岳のことである。
 大きさは、F4号(333mm×242mm)と「立山圏谷面」(F12号 606mm×500mm)よりはかなり小振りであるが、爺ヶ岳と鹿島槍のセットなのがいい。やわらかい爺ヶ岳と鋭い鹿島槍の組み合わせは昔から好きなので、自分のホームページのトップ画像にも使っている。
爺ヶ岳と鹿島槍には雪形も描かれていて、手前のたぶん小熊山の稜線の緑と相まって春を感じさせる。

春の爺ヶ岳と鹿島槍の絵は広瀬和之という画家のものも持っている。こちらはさらに小振り(SM号 227mm×158mm)


広瀬和之「安曇野」


中村清太郎の絵は、鷹狩山の山頂付近から、広瀬和之は長峰山のふもと付近からだろう。ちなみに下の写真は安曇野の松川からのもので、広瀬の絵とほぼ同じ角度。

中村清太郎の絵は入手時の額物裏面には「記念品・親和会」「昭和40年2月」の記載があるが、経緯や由来は不明。額縁内部の抑えの板には「祖父ヶ岳と鹿島槍ヶ岳 中村清太郎」の文字があるが、画伯の署名かどうかも不明。額装はし直ししたが、署名は画伯本人のものであれば貴重なので、新しい額でも抑え板として収納した。
額装しなおした


「立山圏谷面」と並べる


広瀬和之の絵と「祖父ヶ岳と鹿島槍ヶ岳」


オリジナルの額の裏面


画伯の署名?


雪形


安曇野松川からの写真。広瀬和之の絵と同じ方角


鷹狩山からの展望図(カシミール3D) 中村画伯の絵と同じ方角

P.S 広瀬和之氏はSMサイズで同じ絵を多数書かれているようで、上記「安曇野」もほぼ同じものが多数のサイトで見かけられる。細部は異なるので印刷や複製画ではないようだ。

中村清太郎の絵


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2017 | Main