« 小山慶太「光と重力 ニュートンとアインシュタインが考えたこと 一般相対性理論とは何か」 | Main | 藤井 省三「村上春樹のなかの中国」 »

湯川豊 小山鉄郎「村上春樹を読む午後」


 意見が微妙に異なるふたりなので、それは言い過ぎ、そうは思えないです、などとブレーキをかけているのでそこは読みやすい。信奉者がひとりで書くと、ええ、そうかねえ、と思いながらもそのまま読み続けないといけないので(嫌なら読むなだけど)。
 で、読んだばかりなので、「騎士団長殺し」も随所にこの対談集の記述を思い出しながら、妻の名前が初めてのパターンだな、「色彩のない~」からか・・・。え、「免色}?(苗字です)・・、おお、さらに追い打ちをかけるなあ、また、井戸かよ、騎士団長って「踊る小人」かよ、などと楽しく読める。

|

« 小山慶太「光と重力 ニュートンとアインシュタインが考えたこと 一般相対性理論とは何か」 | Main | 藤井 省三「村上春樹のなかの中国」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/64949117

Listed below are links to weblogs that reference 湯川豊 小山鉄郎「村上春樹を読む午後」:

« 小山慶太「光と重力 ニュートンとアインシュタインが考えたこと 一般相対性理論とは何か」 | Main | 藤井 省三「村上春樹のなかの中国」 »