« 村上春樹「意味がなければスイングはない」 | Main | 湯川豊 小山鉄郎「村上春樹を読む午後」 »

小山慶太「光と重力 ニュートンとアインシュタインが考えたこと 一般相対性理論とは何か」

 題名のとおり、ニュートンとアインシュタインが光と重力をどのように考えたかという本である。全体として面白かった。特にニュートンの時代までの変遷が面白い。そして公然の秘密ではあるが、やっぱりニュートンの一番の興味は錬金術にあったようだ。アインシュタインの話は当然ながら光速度不変から始まり、特殊相対性理論から一般相対性理論に進むわけだが、あまりにも数学の知識がないので、式の意味することがわからない。ニE=MC*Cは、誰でも読めるが、偏微分方程式やテンソルがわからないと重力の場の方程式が何を意味するのかわからない・・・。

|

« 村上春樹「意味がなければスイングはない」 | Main | 湯川豊 小山鉄郎「村上春樹を読む午後」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/64821704

Listed below are links to weblogs that reference 小山慶太「光と重力 ニュートンとアインシュタインが考えたこと 一般相対性理論とは何か」:

« 村上春樹「意味がなければスイングはない」 | Main | 湯川豊 小山鉄郎「村上春樹を読む午後」 »