« この世界の片隅に | Main | 小山慶太「光と重力 ニュートンとアインシュタインが考えたこと 一般相対性理論とは何か」 »

村上春樹「意味がなければスイングはない」

 デューク・エリントンの「スイングがなければ意味はない」をもじった題名に何となく敬遠していたが、読んでみたらなかなか面白かった。題名からジャズの本かと思ったが、ジャズは3つだけ。名前は知っているものの聞いたことがあるのはシダウォルトンのみ(^^)。
 面白かったのは、ルービンシュタインとゼルキン。ルービンシュタインといえば真面目にショパンを弾いているおじいさんという先入観だったが、まるで人生をなめたような天才で。練習はしないプレイボーイで、どんな曲でも一瞬で暗譜してしまい、アンコールで弾く曲の出だしを忘れたら、適当なコードだけで観衆を沸かせ、舞台隅にいる師匠に怒られるかとステージを去ると師匠が「おまえはとんでもないやつだが、間違いなく天才だ。俺にはあんな芸当はできない」と・・・。レコードジャケットの印象に騙されていた。ゼルキンはほとんど聞いたことがないので、よくわからないが・・。
 正直、テーマとなるアーティストをあまり知らないのだが、それでも面白かった。

|

« この世界の片隅に | Main | 小山慶太「光と重力 ニュートンとアインシュタインが考えたこと 一般相対性理論とは何か」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/64805448

Listed below are links to weblogs that reference 村上春樹「意味がなければスイングはない」:

« この世界の片隅に | Main | 小山慶太「光と重力 ニュートンとアインシュタインが考えたこと 一般相対性理論とは何か」 »