« アガサ・クリスティー「アクロイド殺し」 | Main | この世界の片隅に »

映画「君の名は。」

やっと観て来ました、映画「君の名は。」
CMしか見ていなかったのでもっと恋愛ドラマなのかと思っていたけど、かなり違った。
都心も山の中も実写に迫る丁寧で精密な作画や、電車のドアや襖や扉の開閉の低い視点が、小津をぱくってますよ的な演出に、好感を持てたものの、最初の40分、電話をかけるまでは、なんだかなあ、という感じでしたが、そこからは面白かった。
 個人的にはラストのラストは余計な感じ。最後のシーンは「時をかける少女」の最後を見るような、せつなさがあり、これは90点(10点の減点に意味はない)だなあ、と思っていたら、あのワンシーンが入ったのでちょっとがっかり。悪くはないし、ここまでやらないと共感を得にくいのかなあとも考えたが、オジサン的には余計。
 ふとした台詞やなんの変哲もないシーンが後からの伏線になっていて、作画、ストーリーともよくできている。ただ、泣ける映画とも聞いていたが、泣けるシーンはなかった。物語の遷移の早さや、高校生以上でないと理解できない内容も多く、ジブリの映画とはターゲットが異なる。

|

« アガサ・クリスティー「アクロイド殺し」 | Main | この世界の片隅に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/64792700

Listed below are links to weblogs that reference 映画「君の名は。」:

« アガサ・クリスティー「アクロイド殺し」 | Main | この世界の片隅に »