« 病む女はなぜ村上春樹を読むか | Main | アインシュタイン、インフェルト「物理学はいかに創られたか」 »

村上春樹「ラオスにいったい何があるというんですか?」

 いくつかの雑誌にバラバラに発表した紀行文のまとめ。
 トランジットのベトナムで現地の人に言われたセリフが表題。インドシナ半島でも忘れかけられているラオスに対するベトナム人の優越感とラオスへの蔑視が込められているが、それでもラオスにはラオスにしかないものがあった、それが旅というもの。
 以前に住んでいたボストンやイタリア、ギリシャ。小説では想像で描いたフィンランドなども巡る。ひとつひとつの文章が飛びぬけているというものはない、いつもながらの村上春樹の語り口で、書き終わって「やれやれ」と言っているのが聞こえそうだ。

|

« 病む女はなぜ村上春樹を読むか | Main | アインシュタイン、インフェルト「物理学はいかに創られたか」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/64498607

Listed below are links to weblogs that reference 村上春樹「ラオスにいったい何があるというんですか?」:

« 病む女はなぜ村上春樹を読むか | Main | アインシュタイン、インフェルト「物理学はいかに創られたか」 »