« 泉麻人「僕とニュー・ミュージックの時代」 | Main | 三匹のかいじゅう »

Googleの真実


 非常に面白い。が、たしかに長い・・・。

 Googleのふたりの設立者が操業し、検索を極め、その他のサービスを含めて巨大企業になり、追いかけられる立場になり、個人情報保護の問題や中国政府との関係、SNSでの失敗など2011年までの歴史を内部からまとめたもの。
 これを読むと、「広告ってそんなにもうかるのか」ということや「Googleがなんで自動運転の自動車に参入するのか」とかよく理解できる。
 マイクロソフトとは全く反対の設立者の性格や会社の性格。ハーバードに入るよりも困難な会社、24,000人の企業になっても創業者が新人採用の最終可否を決める会社。マスコミ向けプレゼンにはローラーブレードを履いた二人が登場する。
 日本ではやはりありえない会社だとわかる。

 アップルともマイクロソフトとも違う巨大企業・・・。

 検索の方法を探っていた当初には「アルタビスタ」なんていう懐かしい名前も登場。

|

« 泉麻人「僕とニュー・ミュージックの時代」 | Main | 三匹のかいじゅう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/64226346

Listed below are links to weblogs that reference Googleの真実:

« 泉麻人「僕とニュー・ミュージックの時代」 | Main | 三匹のかいじゅう »