« 美濃部美津子「三人噺 志ん生・馬生・志ん朝」 | Main | 新幹線、国道1号を走る―N700系陸送を支える男達の哲学 »

阿川佐和子「男は語る アガワと12人の男たち」


 我々の世代だと、「聞く力」の著者というよりはどうしても鉄道オタクの作家にて元海軍の阿川弘之の娘というイメージが強い。
 本書そのものは阿川佐和子初期の対談集で80年代終わりのもの。対談した12人のうち半分は鬼籍に入っている。文庫版のあとがきにもあるように、そうかこの時代はこんな時代だったなあという回顧趣味的な要素も強い。

|

« 美濃部美津子「三人噺 志ん生・馬生・志ん朝」 | Main | 新幹線、国道1号を走る―N700系陸送を支える男達の哲学 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/63404153

Listed below are links to weblogs that reference 阿川佐和子「男は語る アガワと12人の男たち」:

« 美濃部美津子「三人噺 志ん生・馬生・志ん朝」 | Main | 新幹線、国道1号を走る―N700系陸送を支える男達の哲学 »