« June 2015 | Main | September 2015 »

芥川賞2つ


文芸春秋の電子版で芥川賞2つを読む。
又吉「火花」。読み始めから、まるできれいな舗装路をすべるように進む高級車のような乗り心地がした。ただその乗り心地は最後に一気に乱れた。選者のひとりが言っていた「終わり方がわかっていないのでは」に共感。
ちなみに、著者のこの芸人。顔はみたことがあるが名前も芸も知らない。
羽田「スクラップ・アンド・ビルド」。これもある選者が言っていたが、「感情移入しづらい」。ストーリー的にはもう少し先を書いてほしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本田靖春「我、拗ね者として生涯を閉ず」


本田靖春「我、拗ね者として生涯を閉ず」
 読売新聞社会部出身の本田の自伝。正力松太郎と読売新聞の体質もわかる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

安西水丸の本

亡くなってから読むようになった。最近読んだものの備忘録







| | Comments (0) | TrackBack (0)

井上ひさし「東慶寺花だより」

井上ひさし「東慶寺花だより」
 5月に公開された映画『駆込み女と駆出し男』の原作。井上ひさしなんて学生時代以来か。
 鎌倉の縁切り寺こと東慶寺に駆け込む女性14名と男1名の15作の連作。最初の2本くらいは面白かったが、そのあとはそれなりにマンネリ。たまに面白いのもあるが、少し話が短すぎる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2015 | Main | September 2015 »