« 波多野聖「メガバンク絶滅戦争」 | Main | 映画「アメリカン・スナイパー」 »

クリス・カイル「アメリカン・スナイパー」

クリス・カイル「アメリカン・スナイパー」
 イラク戦争に派遣された米海軍特殊部隊SEAL所属のスナイパーの自伝。昨年映画化された。
 彼の長距離狙撃記録は1920m! 狙撃というとまずはゴルゴ13であるが、その技術はともかく距離だけなら劇画を凌ぐ距離である。ある場面では「至近距離からの狙撃が多かった。たいていは180mほどしかなかった。遠くても805mで、平均すると365m」と語っている。オリンピックでのライフル競技などはたいていは50mくらいなので狙撃といっても道路の反対側のビルから狙ってせいぜい100mくらいかと思っていたが、違った。1000m以上の場合はコリオリ力の補正(直進する物体が地球の自転の関係で曲がって見える事象)はするという。しかも彼が抜群の成績なわけではない。狙撃数では出撃地と回数のせいで数は多くなったが、技術的にはもっと上位の兵士がごろごろいる。
 それにしても訓練が凄い。「海猿」で訓練シーンがあったがあんなの話にならない。そのくらい毎日鍛えないと戦場ではやっていけないのだろうが。

 それと神>祖国>家族、という順位付け。祖国と家族はその時により入れ替わることもあるようだが、家族から見れば、神>家族>祖国が絶対順位なので、家族とはなかなかうまくいかない。
 カイルは戦地で悪党どもを殺したくて仕方ない。
 そんな強靭な男でも戦地を離脱し、帰国すると精神がおかしくなる。そのような退役軍人を救うべく、狙撃訓練学校を経営するかたわら、退役軍人の救済活動をしていたカイルだったが、PTSDの退役軍人の若者に射殺されてしまうのが2013年。

|

« 波多野聖「メガバンク絶滅戦争」 | Main | 映画「アメリカン・スナイパー」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/61351292

Listed below are links to weblogs that reference クリス・カイル「アメリカン・スナイパー」:

« 波多野聖「メガバンク絶滅戦争」 | Main | 映画「アメリカン・スナイパー」 »