« December 2014 | Main | February 2015 »

後藤正治「天人 深代惇郎と新聞の時代」

後藤正治「天人 深代惇郎と新聞の時代」
 多数の著作を読んだ作家は何人もいるが、漱石も三島も村上春樹も、個人的には深代惇郎の1冊にかなわない。▼I君の奨めで「深代惇郎の青春日記」を手にしたのは、大学に入った年。読み始めていきなり打ちのめされた(彼我の差に・・・)。詳しくはこちらこちらをご参照。本書は、「天人」(朝日新聞の天声人語)を執筆し、46歳で早世した深代惇郎を、生い立ちから驚くほど広い交友関係、上司、後輩と可能な限り接触し、深代が書いた多数のコラムや記事を綿密に取材し、「天才コラムニストがいかに生まれたのか」をその時代背景とともに探るとともに、深代に関係があった様々な記者を語ることで新聞黄金時代を描写している。朝日に限らず最近の凋落からは想像もできない新聞黄金時代とそれを支えた記者たち。特に当時の朝日新聞の記者はその後に作家やエッセイイストになった人も多く、この人って朝日の記者だったのか?という人が多数登場する。副題の「新聞の時代」が「朝日」限定ではないのはそういう意味だろう。▼「青春日記」や「天声人語」の文章からは、深代は孤高の天才コラムニストで友人も少なくとっつきにくい人と思っていたが、下町育ちの深代は、馬鹿騒ぎはしないが、交友範囲は内外に非常に広く、後輩の面倒見も大変良い、理想の上司のような人柄だったようだ。▼「青春日記」もその原本(出版されたものの約4倍あるらしい)を含め多数の引用がなされており、それを読むと、何度も手にした若いころを思い出し、ほろ苦い記憶が少し蘇る。「青春日記」「天声人語」は今でも入手できるが、それ以外のコラムや社説はまとまったものがないので、引用(たいていは全文)された記事は貴重。深代が活躍した昭和50年以前は新聞を読む年齢ではなかったし、社会や経済問題もわからなかったので、後追いの知識で読むしかないのが残念。引用された記事との関係で唯一リアルタイムに覚えているのは、昭和45年の三島由紀夫事件くらい。事件当日夕方以降に深代が一気に書いた社説は非常に鋭い。この事件のために多数の記者が一面や社会面を苦労して作ったが、翌日の飲み屋で、彼ら曰く「一刀両断だものなあ。社説にはかなわない。あれを読んだらもう筆を執る気が失せたよ」と舌を巻いたとある。(私は事件はリアルタイムに知っているが社説をその時読んだわけではない、念のため)▼海外でのエピソードやコラムも多数出てくるが、特にイギリスのメディアの在り方やトップの考えに感嘆し、自国との差を意識していた様子もうかがえる。抜群のバランス感覚がある深代をゆくゆくは経営層、社長へと考えた朝日のトップもいたようだ(天声人語担当はそういう出世ラインからははずれるらしい)が、「深代のことをわかっていない」と反対の声をあげる人もいたようで、当時の朝日の社員の見識と社風がうかがえる。▼資料としてもなかなか貴重な本であるが、著者もインタビューされた関係者も、早世した天才コラムニストに対する敬意と礼儀を割り引いても、悪い評価は全くなく、食傷気味の部分も確かにある。しかし、「青春日記」などの著作に打ちのめされながらも、何度か背中を押された私には、そうなんだろうなあ、と改めて思った。早世するのは分かっているので終盤に行くにつれて徐々に文調はトーンを落とし、終焉を迎える。「天人」には天声人語の略とともに、「天が気まぐれに、このような書き手を地上によこして、さっさと召し上げた」人、という意味も含んでいる。

 P.S 天声人語に敬意を表して、段落区切りを▼にしてみたが、この長さで▼5つはちょっと無理だった。書きたいことが頭の中で混乱したままだけど、ま、いいか。天声人語ではないから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

多摩サイでダイヤ富士? 2015/1/25

 多摩サイの府中郷土の森あたりにダイヤモンド富士を見に行った。それらしいポイントには15人、その先にも何か所かカメラマンがいた。多摩サイは11日に行った浅川サイクリングロードとは違い、この時間でもかなりの人の散歩、犬の散歩、ジョギング、ただ歩く人、さらにままチャリにロードバイクとさまざまな人がいた。ダイヤ富士狙いの連中もそれらの人から見るとただの変わり者のようで、富士山を見もしないで散歩する人、富士山を背にする人などさまざま。
 富士山はきれいに見えたがその向こうの夕陽との間には雲が取れず、ダイヤモンドは見られず(そもそもダイヤモンド富士のダイヤモンドとは夕日が山頂の向こうに沈む瞬間にキラリと光る様子を言うので、落ちている最中ではなくて落ち切る寸前の状態をいうようだ)。
 それでも富士山と右隣の大室山の2ショットが良かったので良しとしよう。

 写真

| | Comments (0) | TrackBack (0)

伊藤正一「定本 黒部の山賊」

伊藤正一「定本 黒部の山賊」
 北アルプスの雲ノ平と言えば、伊藤新道の伊藤正一さん。昭和39年に刊行された「黒部の山賊」が定本となって2014年に出版された。表紙は一目でそれと分かる畦地梅太郎の版画。1923年生まれの伊藤さんは90歳を超えるがまだまだ元気。高瀬ダムによってバスもなくなり、廃道になってしまった伊藤新道の復興をまだ狙っている。
 そんな伊藤さんが黒部源流地域を開拓した昭和20年代から30年代初頭にかけての山賊(猟師)たちとの交流録である。彼らがあの水平歩道(旧日電歩道。今は立山黒部アルペンルートになっている資材運搬用道路を作るためのそのまた資材運搬道路の一部 )を開削したそうだ。足元は200mの絶壁で歩くだけでも怖い道を鑿だけで開拓できたのは彼ら以外には居なかっただろう。あれがなければ黒部ダムもできなかったわけで、下界では暮らせない彼らが下界で使う電気の元を作ったわけだ。
 副題に「アルプスの怪」とあるようにここには科学では説明できない怪奇現象や超常現象も多数収録されている。
 人の3,4倍の速度で山を歩き、カモシカ1000頭、クマ300頭を仕留め、歩きながらイワナをどんどん釣り上げる山賊たち。初期の雲ノ平と黒部源流の景色が行ったことのない人の頭にも思い浮かんでくる。

 本書は名著の復刻なので、その後に発生した事件にはあとがきなどでも触れていないが、伊藤さんが経営する山荘のひとつ三俣山荘については、以前林野庁との間でトラブルがあり、一時は山荘撤去の危機にあったことを記憶している。山荘側の主張であるが、主な内容はこちらに記載されている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冬用ウェアで浅川CR 2015/1/11


山頂部の雲の影が左に伸びている

 先週の走り初めで、モンベルのジオラインの暖かさを認識したので、冬用ウェアはやはりきちんとしたものを購入しようとパールイズミの5℃仕様を上下で購入。AMAZONで売っている安価な中国製の価格は2倍。たぶん、それだけの効果はあったと、思う。中国製と比較してないけど、あちらはレビューがボロボロ(そういえばジオラインのレビューではユニクロのヒートテックがボロボロ。ジオラインかパールイズミのヒートテックセンサーにしろと・・)
 というわけで浅川サイクリングロードを走ってダイヤモンド富士を見に行ったが、天気予報から多少は予想していたとはいえ、残念ながら山頂部だけ雲が取れず・・・。山頂部の雲の影が長く伸びているのがけっこうきれいだった。
 今日は場所がちょっと遠くて、帰りはすっかり夜間走行になってしまった。クルマも走る道の夜間走行は街路灯があるし、それなりに店舗もあるので明るいけど、サイクリングロードの夜道はまっくらでした。でも散歩している人が意外といてその見極めがけっこう難しかった。

 写真

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ロボコップ2014」

 年末に「ロボコップ2014」を見た。
 こういうリメイクはたいていオリジナルに負けるが、今回はオリジナルを超えていると思う。
オリジナルはロボコップありきでその活躍がメインだが、今回は真のロボコップになるまでの家族とオムニ社との攻防、葛藤、試作の課題など、将来ロボコップが造れる技術ができたときにありそうなストーリーだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

調布七福神探索 2015/1/2

よみうりランドと丹沢。多摩サイにて

 2015年の走り初めは調布七福神めぐり。
 案の定、いくつか見落としがあったが、多摩川の北はなんでこんなに平らなんだ、なんでこんなにロードバイクがいないのだ、と思いながら調布界隈をポタリング。凧揚げ盛んな多摩サイから、間違えて連光寺TTの坂経由で帰宅。連光寺TTのタイムは過去最悪の9分オーバー。

 詳細&写真

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2014 | Main | February 2015 »