« 府中郷土の森の彼岸花 2014/9/21 | Main | 復活走 浅川・京王線・豊ヶ丘 2014/10/25 »

山田洋次「東京家族」

 山田洋次「東京家族」をやっと見た。小津安二郎「東京物語」を下敷きにした現代版へのリメイクなのだが、設定や台詞はリメイクだとわかるようにしてあるが、いかんせんヒロインが弱い。「東京物語」は原節子がヒロインなのが自然とわかるが、「東京家族」はそうしていない。戦死した息子の未亡人という設定とできの悪い息子の婚約者ではそもそも設定に無理があるが、「東京物語」で原節子が印象に残るのは、実の子供を邪険にあつかう両親を、子供以上に真摯に接するからであり、それでこそラストシーンの笠智衆と原節子のシーンが生きる。しかし、「東京物語」では、蒼井優ひとりにこの役割は無理なので、息子の妻夫木とふたりでこの役割をあてはめた。しかしラストシーンでは父の橋爪功と向かい合うのは蒼井優ひとりなので、中途半端になってしまったし、父が妙に素直になるのに違和感がある。
 まあ、「寅さん」シリーズの山田洋次であり、このあたりが限界だろう。

|

« 府中郷土の森の彼岸花 2014/9/21 | Main | 復活走 浅川・京王線・豊ヶ丘 2014/10/25 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/60474238

Listed below are links to weblogs that reference 山田洋次「東京家族」:

« 府中郷土の森の彼岸花 2014/9/21 | Main | 復活走 浅川・京王線・豊ヶ丘 2014/10/25 »