« 清瀬ひまわりフェスティバル 2014/8/31 | Main | 上橋菜穂子の守り人シリーズ »

司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰、龍馬、晋作の実像

司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰、龍馬、晋作の実像
「竜馬がゆく」「世に棲む日々」を題材に小説と史実の違いをあぶりだす本。
坂本龍馬は幕末史では人気随一であるが、この人気は司馬遼太郎の小説によるものだ。もともと坂本龍馬伝説は師であった勝海舟が自分の功績を示すために「氷川清話」で持ち上げたことが大きいが、坂本龍馬は戦前ではあまり知る人もおらず、高度成長期に求められた躍動的な青春劇を「竜馬がゆく」で司馬遼太郎が描いたことで決定的になる。
 大器晩成型の英雄を作り出すために、史実の微妙な操作や、検証不十分な通説の採用や完全な創作がかなりなされている。
 亀山社中設立には立ち会っていない、薩長同盟のきっかけは作っていない、「いろは丸事件」には万国公法は使われていない、「船中八策」は現物がなく、使われた用語から後年の創作。霧島温泉におりょうと旅したのは婚礼の2年後で「新婚旅行」ではない・・・。おりょうの回顧録では痛快な人間というより奇人だったようだ。
 それでも「竜馬がゆく」は面白いけど。

|

« 清瀬ひまわりフェスティバル 2014/8/31 | Main | 上橋菜穂子の守り人シリーズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/60250366

Listed below are links to weblogs that reference 司馬遼太郎が描かなかった幕末 松陰、龍馬、晋作の実像:

« 清瀬ひまわりフェスティバル 2014/8/31 | Main | 上橋菜穂子の守り人シリーズ »