« 「スタートレック2009」 | Main | Vario-SonnarT* DT 16-80/3.5-4.5ZA (SAL1680Z) »

映画「終戦のエンペラー」

 映画「終戦のエンペラー」を見た。
 ひどい作品。
岡本嗣郎「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ 」が原作と思っていたが、どうも企画がまったく違うようだ。原作(というか上記の本)では小泉八雲コレクターの日本通のフェラーズ准将が天皇を訴追しないためのヒントを恵泉学園創設者となる河井道が助言する。一方、映画ではフェラーズ准将は日本人女性を探し求め、結果、彼女は空襲で亡くなっている。最初のうちは彼女がどういうふうに天皇訴追に絡んでくるのだろうと見ていたが、当然、そんなストーリーはなく、これは駄作だなあ、と思いながら見た。

 木戸内大臣が語る終戦までの過程の考証もおそまつ。宮城事件では映画のような戦闘は発生していないし、この事件はそもそもはクーデター未遂事件であって、録音盤略奪事件はクーデター未遂後に付随的に発生したもの。また、鎮圧した田中軍司令官は中将ではなく大将だったし、自刃したのは宮城事件の当日ではなく、埼玉で発生した放送局占拠事件を鎮圧した24日の夜である。この程度の史実は簡単に確認できるはずなのだが・・・。
 話の中心にもなっているフェラーズ准将の日本人女性への恋愛はフィクションなのだが、いかに過去の人とはいえ、実在の人物が必死に携わった戦後統治体制確立のための実績に対して失礼ではないかとも思う。

 とりあえず、トミー・リー・ジョーンズのマッカーサーは似合っていた。

|

« 「スタートレック2009」 | Main | Vario-SonnarT* DT 16-80/3.5-4.5ZA (SAL1680Z) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/60130951

Listed below are links to weblogs that reference 映画「終戦のエンペラー」:

« 「スタートレック2009」 | Main | Vario-SonnarT* DT 16-80/3.5-4.5ZA (SAL1680Z) »