« ひまわりガーデン武蔵村山 2014/7/21 | Main | 山下春樹「山小屋物語」 »

上橋菜穂子「獣の奏者」

上橋菜穂子「獣の奏者」
 最近、ちょっとブームらしい上橋菜穂子の「獣の奏者」をこの連休で読んでみた。400ページ程度の分厚い4分冊だが、日本人が書いた読みやすいファンタジーなのですぐ読める。
 話の内容から中学生以上を対象としているだろう。最初に2巻は2009年にすでに50話でアニメ化されNHK教育テレビで放映されたそうだ。なるほどこの内容なら「教育テレビ」でも放送できる、いや推奨できるだろう。ファンタジーでも「ゲド戦記」の原作ほど異文化ではなく、「ナウシカ」ほどどろどろでもない(「ナウシカ」は映画と原作ではどろどろ感がまったく違う)、もちろん、ハリポタのような魔法で済ますわけではない。
 ヒロインのエリンが前向きで能力があり、戦闘用の大蛇「闘蛇」はオーム、天敵の大鳥「王獣」に乗るエリンはメーヴェに乗るナウシカを連想してしまうのだが。

|

« ひまわりガーデン武蔵村山 2014/7/21 | Main | 山下春樹「山小屋物語」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/60021593

Listed below are links to weblogs that reference 上橋菜穂子「獣の奏者」:

« ひまわりガーデン武蔵村山 2014/7/21 | Main | 山下春樹「山小屋物語」 »