« 谷保天満宮の梅 2014/2/18 | Main | 瀬尾まいこ「卵の緒」 »

現代語訳 信長公記

現代語訳 信長公記
 kindle半額セールで「現代語訳 信長公記」を見つけた。
 今年の大河ドラマの主人公・黒田官兵衛が、荒木村重を説得に行ってそのまま捕まってしまい、帰還せぬ官兵衛に怒った信長が、人質の息子(松寿丸)を殺せと秀吉に命令、それを竹中半兵衛に任せ・・・、というようなくだりは、「信長公記」には記載されているのか、載っているならどのようになっているのか、という好奇心に駆られて読んでみた。
 その答えは伏せるとして、信長について知っていることが少ないことに改めて驚く。

 信長、秀吉、家康の中ではやはり信長に惹かれるが、知識レベルは受験の日本史+「国盗物語」程度。信長について知っているのは、幼少の頃の「うつけ」時代の逸話、父の葬儀と斎藤道三との対面。桶狭間以降は有名な戦い(姉川、長篠、石山本願寺、延暦寺)と楽市楽座、安土城と来て本能寺の変で終わり。かなり断片的だ。足利義昭を奉じて京に上るが京都で何をしていたかは知らない。
 光秀の謀反の一因に家康接待の粗相があるが、信長が部下である家康をなぜ接待したのかと言われるとわからない(読んだことはあるのかもしれないが覚えていない)。が、「信長公記」を読んで接待した理由が分かった。信長が武田を滅ぼした後に京都に戻るが、その途上は高遠から新府、甲府経由で駿府に出て富士山や浜名湖を眺めながらの観光旅行をしている。大部隊の移動なので、宿や食料、そして道中の整備などに膨大な労力と費用がかかるが、家康はそれを行った。もちろんそうしたのは信長を恐れてであるが、よくやってくれたと慰労したのである。家康の本拠・三河に隣接していることもあり、家康は旧武田所領の中から駿府を信長から与えられる。さて、その接待では料理の中身まで記載しているが、光秀が粗相をしてそれを信長が咎めたという記述はない。(本能寺の直前の連歌会で光秀が読んだ有名な句「ときはいま・・・」は出ている)。

 全般に細かい戦記の報告(誰がどこを攻めて首をいくつ取ったとか、褒美に黄金何枚もらったとか、後藤何某作のこしらえの刀を与えたとかすごく詳しい)が淡々と書かれている。姉川も長篠も比叡山もあっさりとした記述だが、安土城や京都の御所(信長が再建)など各種の建物の内装(この部屋は誰に襖絵を書かせたとか、ここは金箔だとか)の記述が妙に詳しい。武田家滅亡とその後始末と京に戻るまで(上記の旅行)と、本能寺の変は詳しいが、最後の一年だからかも。最後は家康が堺を脱出で終わっている。
 美術品の記述が妙に詳しいが、それはこの時代に重視されたからで、安土桃山文化は派手、華美というような教科書の記述を彷彿とさせる。

 面白いかと言えばあまり面白くはないが、信長って畏怖されていたんだなあ、切れ者だったんだなあ、という感じと戦国時代の常識がわかる。

|

« 谷保天満宮の梅 2014/2/18 | Main | 瀬尾まいこ「卵の緒」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/59179238

Listed below are links to weblogs that reference 現代語訳 信長公記:

« 谷保天満宮の梅 2014/2/18 | Main | 瀬尾まいこ「卵の緒」 »