« December 2013 | Main | February 2014 »

相模原 2014/1/26


 相模原方面に梅でも見に行こうと思ったが、平らな道に気を良くしているうちに行きすぎてしまった。
 で、首都大学東京の緑地に行ってみたけどここも梅はまだだった。
 帰りは予想どおり向かい風。

 写真

| | TrackBack (0)

松下幸之助から未来のリーダーたちへ

松下幸之助から未来のリーダーたちへ
 「経営の神様」なんて自分には縁がないものと思っているので、松下幸之助の本は読んだことがなかったが、AMAZONのkindle版が175円だったので、ならいいかとぽちっとした(kindleではこういうケースが多い・・・。AMAZONの思うつぼ)。
 本書は1ページほどの松下幸之助の言葉を紹介して、それに解説、エピソードを加える形になっており、エピソードが60ある。松下さんはやっぱり偉いわ。とても真似はできないな。まあ「未来のリーダー」でもないし。
 良くないエピソードでは周囲のいろいろな人の顔が浮かんだが、良いエピソードでは浮かばなかった・・・。

 

| | TrackBack (0)

米原万里「旅行者の朝食」

米原万里「旅行者の朝食」
 ロシア語同時通訳者だった氏の食べ物を中心とした異文化エッセイ。「旅行者の朝食」とは普通名詞ではなくロシアにあるとてもまずい缶詰の名前で、これにまつわるエピソードから取ったのが題名。
 どこかで本書の評判を読み(といっても2002年刊行なので書評ではと思う)読んでみた。異文化の話でかつなかなか味のある内容で、最近作はとネットで調べたら2006年に逝去されていた。

| | TrackBack (0)

ホリイのずんずん調査 かつて誰も調べなかった100の謎

ホリイのずんずん調査 かつて誰も調べなかった100の謎
 週刊文春に17年にわたって連載していたネットでは調べられないさまざまなどうでもいい疑問の調査、そのうち100テーマを掲載している。
 面白い。
 90年代の調査も多く鮮度ではいまいちではあるが、なるほどな調査も多い。

 「当選して自分もバンザイしちゃう「のたり」な議員連中一覧」
 お辞儀をしないで支援者と一緒に万歳している当選者を2005年と2009年に調査しているが、自民党の長老格は頭をさげ、新人になるほどいっしょに万歳している。新人でも二世議員などそれなりの教育を受けている議員は頭を下げていた(二世でも河野太郎はバンザイしていた)。2009年の民主党躍進のときは民主党新人がほぼ全員バンザイ、無所属で出馬した2005年は頭を下げていた田中真紀子が2009年の民主党からの出馬ではバンザイ・・・。

 意外だったのは「エスカレーターで右に立つのは大阪だけ。京都は右には立ちませぬ」
 漠然と西日本全般が右に立つのかと思っていたが、結果は上のとおり。
「大阪が「右や!」と言い出したとき、兵庫は「そやそや」と力強く同意し、奈良は気弱に同意し、和歌山はにたにた笑いながら大阪の言うことを聞いている。京都は「はあ・・・」と笑顔ながら腹の中では全面服従する気はなく、滋賀は京都だけを見ている」
この解説がいいと何かの書評で読んでこの本を読んでみたが、たしかに全編のなかでも秀逸なコメント。
(岡山も広島も九州も左だそうです)

 いろいろくだらない調査が多いが、大河ドラマ「龍馬伝」が好評だった2010年に書かれた
「坂本龍馬は維新の最重要人物ではないという当たり前の事実」では昭和37年の「竜馬がゆく」以前の書籍からどの程度坂本龍馬が出ているかを調査し「竜馬がゆく」をものすごく好きな著者をして、サブカルだった坂本龍馬をメインストリームに押し上げてあたかも史実のようにみせかけるはもうよそうと言わしめている。この調査はなかなか格調高い。

 この人のことは落語のエッセイで知ったが、ダジャレがくどくて文体はいまいち。本書でもそれが強いが歴史に詳しいのは随所に出ており、ちょっとだけ知性を感じるところは意識しているとしてもいまいちなダジャレをカバーしている。

| | TrackBack (0)

高幡橋・ダイヤ富士ならず 2014/1/13

浅川・高幡橋付近より。雲がなければ太陽の右下に富士山

 尾根幹線から尾根緑道を経由して浅川に出て、あわよくばダイヤモンド富士を見ようかと思いましたが、残念ながら富士山方面のみ雲の中。他の山はよく見えました。よくあることです。

詳細&写真

| | TrackBack (0)

ASUS MeMO Pad HD 7

ASUS MeMO Pad HD 7
ASUS MeMO Pad HD 7
 タブレットなるものが何となく欲しくなったので買ってしまいました。ASUS MeMO Pad HD 7。2012年版のNexus7よりスペックがちょっと良くて、マイクロSD使えて、500万画素カメラ付でAMAZONで16,200円+ポイント1,620ならいいかなと。
 昨日、AMAZONでポチったあとに実質3,240円値上げ!。
 タブレットはもちろんスマホも持っていない人なので初アンドロイド。とりあえず、保護シート貼って(気泡付!)kindleアプリ使えるようにして充電中(といってもインストール済なので、WiFi設定してGoogle使えるようにしただけ)。
 MeMO Padはメモパットではなくてミーモパッドと読むそうです。

| | TrackBack (0)

「謹訳 源氏物語」kindle版

謹訳 源氏物語
 林望先生の「謹訳 源氏物語」にkindle版があるのを知りました。第1巻は紙が1500円に対し、kindle版は500円。2巻以降はそこまで安くないが、紙1785円に対してkindleは1400円などとお得になってる。ただしまだ7巻までで残り3巻は未刊行のようだ。

| | TrackBack (0)

とりあたまJAPAN: 日はまた昇る!編

とりあたまJAPAN: 日はまた昇る!編
 見開きで1話。右頁には佐藤優によるわりと真面目な時事ネタ。左には西原理恵子によるけっこう下品なマンガのとりあわせが良い。

| | TrackBack (0)

村上春樹超短篇小説案内―あるいは村上朝日堂の16の超短篇をわれわれはいかに読み解いたか

村上春樹超短篇小説案内―あるいは村上朝日堂の16の超短篇をわれわれはいかに読み解いたか
 村上春樹の長編はもちろん、短編もかなりの数の解説本が出ているが、ここで取り上げた超短編に関する本は見たことがなかった。村上春樹は短編がけっこういいとは言われるが、超短編は意味不明のものも多く、またまじめに読もうという姿勢もなかったので、なかなか啓発的であり、また刺激的でもあった。

| | TrackBack (0)

日野七福神 2014/1/4

 正月4日めにしてやっと、走り始め・・・。
 クルマのほうは昨日、娘と実家まで(と言っても横浜までなので片道40キロもない・・・)行ってきたので、今日は自転車。
 去年は八王子七福神めぐりをしたが、八王子まで行くのにけっこう走る必要があるので、今年は隣の日野市まで。ちなみに住んでいる多摩市には七福神はない(と思う。あったら教えて)。

 6つめまではふつうの七福神巡りだったが、最後の弁財天は高幡不動尊。初詣先としてもこのあたりでは超メジャーなので、人出の多さにびっくりした。

 詳細&写真

| | TrackBack (0)

« December 2013 | Main | February 2014 »