« foobar2000を入れてみた | Main | リハビリ多摩サイ 2013/12/7 »

QNAP TurboNAS TS-220

 音楽再生ソフトfoobar2000を導入して、PCオーディオ環境を整備するにあたり、NASを導入した。
 メインPCのHDDはまだ1TB以上の余裕があり、サブPC(Windows XP)マシンのHDDにもそれほどではないが余裕があるが、XPマシンは、かなり動作は遅く、またOSのサポート切れの課題もあるのでいつかは移行が必要。またメインPCのデータもデータ量が大きい写真(110GB)と音楽(80GB)はバックアップをしていない(XPマシンに時々コピーしているが時間かかるので最近はさぼってます)。
 PCオーディオは当面は現在の環境(ネットワークオーディオではなくPCで再生)を保持するが、外部メディアはいずれ必要になる。
 というわけで、NASである。

 せっかくNASにするのだからRAID1にしたい。その前提でネットで調べると、バッファローやアイオーデータのNASは全くダメみたいだ。HDD障害時にRAIDとしての機能を果たさなかったり、内部のHDD交換がやたら高額。
 で、やっぱりこういうPC部材は台湾である。QNAPのTS-220というのがケース(電源とRAIDコントローラ?)だけで3万円近いが、HDDは好きなものを自分でセットできる。
 おりしも、ウェスタンデジタルからNAS専用の信頼性が高く静かなHDD(WD RED)が発売され価格もこなれてきた。
 HDDは3TBも発売されているが、当面は2TBあれば大丈夫なので、これを2台そろえてRAID1で組んだ。

QNAP TS-220
QNAP TurboNAS TS-220

WD RED 2.0TB
WD Red 3.5inch IntelliPower 2.0TB 64MBキャッシュ SATA3.0 WD20EFRX

 まずは2大大量データである写真と音楽の扱い。
 音楽はNASに移すことは問題ないが、写真は娘がネットワーク経由で写真を置いていく(加工してWEBに載せろと・・・)ので、このフォルダをいじると面倒なのでそのままにして、バックアップをNASに取ることにした。バックアップソフトは付属しており、最初にすべてコピーしたあとは差分バックアップを指定した日時にやってくれる。
 で、このバックアップを走らせて気が付いた。LANがめちゃくちゃ遅い・・・。
 インターネットなどの外部接続は名目100Mbpsで問題ないが、NASを使うにはわが家の100BASEでは遅すぎる。
NASを使うにはLANをGigabit化しなさいと、ネットでは多数見かけていたが、まあとりあえずいいやと思ってそのままやってみたら、110GBのコピーに10時間かかってしまった。

 で、Gigabit対応のハブとカテゴリー6のケーブルを入手(TS-220はカテゴリー5以下のケーブルでは100Baseと認識する)。メインPCとNASを含めた最低限の機器だけ(5ポートハブなので)Gigabit化した。

BUFFALO Giga対応 5ポートSWHUB
BUFFALO Giga対応 5ポート スイッチングHub LSW3-GT-5EP/CW

HUB入れ替え後のLAN速度

とりあえず一応かたちになったがNASの機能が多すぎてこれらは順次確認していく。

|

« foobar2000を入れてみた | Main | リハビリ多摩サイ 2013/12/7 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/58678747

Listed below are links to weblogs that reference QNAP TurboNAS TS-220:

« foobar2000を入れてみた | Main | リハビリ多摩サイ 2013/12/7 »