« フィリップ・K・ディック「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」 | Main | 町田ダリア園 2013/11/2 »

東京スカイツリー 2013/11/1


 会社の行事で(不参加でも積立金返金されないので)東京スカイツリーに行ってきた。
 富士山は絵になるけど、富士山から展望が絵にならないという山岳展望のセオリーどおり、近隣に同じくらいの高さの建物がないので、夜景は着陸まじかの飛行機からのようで、のっぺり。少し離れた東京タワーが丸の内界隈の高層ビルを従えて立派だったのが印象的。
 もっともこれが冬の晴れ間で郊外からではなかなか見えない日光、上越や南アルプスあたりの白銀の山を見ることができればかなり印象は変わっただろう。
 また、安全対策か健康被害?防止のためか、通常のビルのように窓に接することができず、窓からは少なくとも1mくらいの距離から見下ろすので、高度感もなかった。高いところは得意じゃないし、観覧車クラスでもビビる方だけど、あれだけガードされていては、都内最高の高さの高揚感もなかった。

 しかし、団体専用の案内やスタッフの配置、再入場防止策他、大量の観光客に不快感を与えずスムースにさばくシステムにはなかなか感心した。このあたりのノウハウを空港などはおおいに参考にしてほしい。

写真

|

« フィリップ・K・ディック「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」 | Main | 町田ダリア園 2013/11/2 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/58502545

Listed below are links to weblogs that reference 東京スカイツリー 2013/11/1:

« フィリップ・K・ディック「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」 | Main | 町田ダリア園 2013/11/2 »