« 明野と清里のひまわり 2013/8/26 | Main | 映画「マン・オブ・スティール」 »

Kindleオーナー ライブラリー

歴史が面白くなる 東大のディープな日本史

 8月21日からサービス開始となった、Kindleオーナー ライブラリーというのを試してみた。というか、そんなサービス知らなくて、解説本にも出てないし、なんだよこれとググったら、開始されたばかりのサービスだった。
 これはKindle端末専用で、アプリでは使えない。かつユーザがamazonプライム会員である必要がある。
 端末を持っていて、プライム会員の場合、指定された約7千冊の本から毎月1冊を無料で読めるというもの。
ただし、月に1冊だけで、かつ次の1冊を読むときには前の1冊はサービス終了処理をして端末から消す必要がある。このあたりがちょっとケチな図書館みたい。せめて3冊とかにしてほしいなあ。

 最大の難点は、対象の書籍をうまく検索できない。amazonのPCサイトには一部が紹介されているが700冊くらいでほとんどがコミック・・・。端末で検察してそれにプライムのしるしがあれば「無料で読む」を選択して読むことができる。徐々に対象は拡大するだろうし、検索方法ももう少しまともになるとは思うが・・・。

 ぼくはもともとプライム会員なので問題ないが、これのためにプライム会員になるかどうかは読みたい本がどの程度あるかどうかによるだろう。

 で、表題の本。東進ゼミの先生による最近の東大入試を通じて日本史を考える本である。最近の大学入試なんて全く知らないが、この本でみる限り、なかなか出題がユニークで考えさせる問題になっている。少なくともぼくが受験生だったころにはこれらの問題は正解できなかっただろうなあ、と思った。

|

« 明野と清里のひまわり 2013/8/26 | Main | 映画「マン・オブ・スティール」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/58084265

Listed below are links to weblogs that reference Kindleオーナー ライブラリー:

« 明野と清里のひまわり 2013/8/26 | Main | 映画「マン・オブ・スティール」 »