« June 2013 | Main | August 2013 »

堀辰雄「菜穂子」」「風立ちぬ」

堀辰雄「菜穂子」

堀辰雄「風立ちぬ」

 ジブリ「風立ちぬ」研究?の一環として、最初に映画のヒロイン名である「菜穂子」、次に映画のタイトルの「風立ちぬ」を読んだ。
 
 「菜穂子」。富士見のサナトリウムから東京まで出てきてしまう菜穂子であるが、性格が複雑、あまりパートナーにしたくない。
 「風立ちぬ」の節子。映画のヒロイン菜穂子の性格はこちらを参考にしたか。父との関係も、油絵を描くキャンパスも。映画ともっとも違うのは婚約者である主人公がずっとサナトリウムで付き添いをしていることだ。もっとも主人公の職業は作家、どこでも仕事はできる。戦闘機の機体設計をしているわけではない。

| | TrackBack (0)

「風立ちぬ」

 「風立ちぬ」。堀越二郎+堀辰雄「菜穂子」という不思議な組み合わせがモデルということで見てきた。一夜明けても、頭の中はもやもやしている。今までのジブリ、宮崎映画とは違う。

以下、ネタバレあり。

 予告篇をみただけでそれ以外の下調べはせずに見に行った。土曜とはいえ、21:50開始のレイトショーにもかっかわらず座席は1/4くらい埋まっていただろうか、公開2周目でこの入りはさすがである。ふだんなら10人以下だ。

 旧信越本線の碓井峠だなとわからせる煉瓦積の橋梁や、立場川橋梁の赤いトラスは中央本線富士見駅が近いことがわかる。このあたりの鉄道オタクぶりは牽引する蒸気機関車がけっして9600一種類だけにしないところや間違ってもD51なんか出さないところにも表れている。もちろん客車にも。
 複葉式飛行機は、ナウシカかラピュタを見ているような錯覚に陥る。この空中感覚や鳥瞰的表現はジブリお決まりの表現であり、嫌いではない。

 しかし・・・。なんと冷たいヤツ、堀越二郎。
 モデルグラフィックスの原作漫画は見たことがないし、雑誌そのものも見たことがないが、「紅の豚」も連載していた雑誌の広告を見る限り、かつて実家で販売していた「モデルアート」のような模型雑誌のようだ。
 そうであれば主人公は飛行機に美を求めねばならないし、それが殺戮の武器をあることを全く忘れて機能美だけに集中するのだろう。そして人間や女性に対しても同じような美意識だけで接することを当然としており、それが他者を傷つけることなど想像だにしないアスペルガー的な思考回路を持つはずだ。一高、東大を首席で卒業するような人材にはありうることかもしれないが。

 というふうに考えると、この作品での堀越二郎はまさにそのとおりの人間であり、天才的設計技術者であるが、軽さのためにパイロットを防御する鉄板をはずすことも、当然だったようにも描かれる(実際はそんなことはなかったとは思うが)。ただ、この映画では二郎は、自分の生活や仕事を一切変更しないまま、死期にどんどん向かう菜穂子を上司の離れに一日中放置する。富士見の診療所に見舞いに行ったのかどうかも不明である(きっと行っていない)。このような冷徹な性格に描くことについては、堀越次郎の遺族に了解はもらっているとのことであるが、そこまでして自分(宮崎)を投影する必要があったのかどうか。

 登場人物の喫煙シーンがやたらと多いのは、時代なのか、それともジブリでも宮崎と鈴木敏夫のふたりだけが喫煙者になってしまった反抗なのか・・・。

 キャラクターの中では堀越の上司、黒川がいい。容貌といい、最初の登場の仕方といい、イヤな上司なのかと思ったら、堀越を正当に評価をし、海外経験を積ませ、特高からかくまい、自宅の離れを住居に提供し、菜穂子との即席結婚式の仲人も執り行う。これも三菱重工に実在の黒川氏というモデルがいるそうだ。

 「菜穂子」を読んでいないので(堀越二郎の伝記かゼロ戦の本は昔なんか読んだ)kindleにダウンロードしてみた(\0)。

 宮崎の実質デビュー作「風の谷のナウシカ」は文明の進化と環境汚染という矛盾がテーマだったが、(きっと)最後の本作は宮崎自身の「戦闘機、武器好き」「戦争嫌い」の矛盾のカミングアウトともいわれる。単なる余韻を残すだけの作品ではない。

| | TrackBack (0)

座間のひまわり 2013/7/28

座間市のひまわりまつりの前半戦に行ってきました。
出発が遅かったので駐車場の混雑具合が不安でしたが、到着すると案の定満杯で、近所を一周してきたら、無事入れました。
ここは離れた場所で8月下旬に2回目がありますが、今回の場所でも早めに植えたものはもう花はなかったです。規模は本数では清瀬の5倍以上ですが、2か所合わせての本数であることと、植えつけ面積ベースでしょうから、今日咲いている花だけだと、清瀬とさほど変わらない感じでした。開催期間が実質、この土日だけなので人が多すぎでした。

写真

| | TrackBack (0)

旦 敬介「旅立つ理由」

旦 敬介「旅立つ理由」
 作者は同じ歳(^^)だが、経歴を見ずに、読んだ。
 アフリカや中南米を舞台としたエピソードがほとんど。で、2,3のエピソードを読んだ後に奥付けを見ると、ANAの機内誌に連載していたものとのこと。国内出張で疲れた体でこのエッセイを読むとANAの国際線に乗りたくなりそうだ。
 どこまでが真実でどこからが創作なのだろう、モデルは全部作者?のわけないよね、などと成立の経緯を知りたくなるほど、描写がピンポイントである。それは町のたたずまい、文化、食べ物、現地の人の気性といった細部にわたるリアル感。兼高かおる(古いか)でもこれだけの多国籍にわたる細かい描写はできないだろう。
 エピソードは「あれ、続きはないの?」という感じで終わってしまうものも見られるが、リアル感という意味ではそこまでがホントなのであって、これ以上書くとウソになるのだろう。
 アフリカや中南米に全く興味も感心もないぼくでも違和感なく気持ちよく読み終えた。エピソードごとに挿入される原色系の挿絵がすばらしい。

| | TrackBack (0)

南大沢のひまわり 2013/7/21

小山内裏公園

南大沢駅前

ここのところクルマばかりで、体がなまっているので(いつも?)、夕方になって近場のひまわりを見に行った。小山内裏公園のは予想どおり小さなひまわり畑で、地元のボランティアが丹精込めているという感じだった。帰りがけに多摩ニュータウン通りの南大沢駅前の歩道脇で意外と大きなひまわり畑?を発見

写真

| | TrackBack (0)

河口湖 ・大石公園と天上山 2013/7/21

大石公園

天上山公園


河口湖方面の天気予報は曇りだったので南アはもちろん富士山も見えないだろうと思ったら、両方とも見えた。大石公園のラベンダーも時期はずれかと思ったが間に合いました。天上山の紫陽花は今年はダメとホームページにも出ていたけれどちゃんと咲いていました。

詳細&写真

| | TrackBack (0)

kindle用レザーケース

AMAZON標準のレザーケースは高くて(3,499円)重いと不評なので、
楽天で送料無料 1,180円のを購入。装着後重量は実測 304gと軽い。

本当はパープルが欲しかった(これはダークブルー)

閉じるとスリープ、開けるとスリープ解除する(ケース内のマグネットで制御)

サイズはぴったり

p.s 3Gなしのkindle paperwhite本体(7,980円)よりも高い(9,980円)吉田カバンのケースなんていうのもある・・・。

| | TrackBack (0)

東光寺

 近所のパワースポット?別所長谷観音・曹洞宗東光寺までDAHONで出かけた。
 
 尾根幹線まで登ったまでは問題なかったが、よこやまの道分岐までの坂は短いながらもかなりのものでダンシングしにくいDAHONではちょっと苦労した。
 幅1.8m「軽自動車以外は通行ご遠慮願います」という狭い道(でもトラックとか平気で通る・・・)を少し行くと西が開けて山岳展望ポイントになるとともに、長谷観音の千手観音が見えてくる。そこに千手観音があると知っているから驚かないが、何も知らずにこの道をクルマで来ていたらビックリして谷底かもしれない・・・。
 
 境内に降りる道は墓地からはあるがDAHONをかついで降りるのは遠慮したい急な階段なので、適当に私道を抜けて降りると町田の谷戸のひまわり・・・。
 観音様は近くで見るとなかなかでかい。台座から18mあるようだ。

 平日昼間ということで人っ子ひとりいないのがパワースポットっぽかった。

写真

| | TrackBack (0)

「三四郎」

 スマホアプリのkindleおよびkindle端末の試用として30年ぶり?に読んだ。
 単行本は1000円、文庫は370円、kindle版は無料。

 昔の記憶は、美禰子(みねこ)という生意気なセレブが登場するのと、最後がストレイ・シープを繰り返して終わることくらい。三四郎が上京する途中で列車で同席した女性の話(名古屋で同宿して手を出さず、翌朝「度胸がない人ですね」と三四郎を笑った)すら覚えていない。

今回、最も読みたかったのは、人魚の絵を図鑑で二人で見るシーン。
なるほど、ウォーターハウスの「人魚」を念頭に置くとぴったり。
詳細はこちらをご参照 

 この本を最初に読んだ頃は、三四郎と同じような年代だったので、主人公の視線で読んだのだろうが、この歳で読むと、小説の構成とか後付けの知識の確認だったりしてしまう・・・。村上春樹の小説だと、なんの取り柄もなさそうな主人公が女性にもててしまうのだが、その点、漱石は厳しい。たしかに三四郎では美禰子はもちろん、野々宮の妹のよし子にももてそうにない。

| | TrackBack (0)

kindle paperwhite 3G

kindle paperwhite 3G 、遅ればせながら買いました。

 kindle本はkindle端末なしでも、スマホ用のアプリKindleがあれば読めます。iPodTouchでも読めます。
が、ネットの評判がかなり良く、まあ無料本(著作権の切れた古典の青空文庫と一部のマンガなど)もあるし、kindle本は毎日なんらかのセールをやっていて、通常本との差額だけでも元が取れるとか。
 
 ということで3G版を購入しました。
 いろいろノウハウやらTipsがあるようでしばらくは楽しめそうです。

 写真

| | TrackBack (0)

ハイジの村のラベンダーと明野のひまわり 2013/7/16

明野のひまわり

 娘と野辺山の滝沢牧場に行った帰りに清泉寮に寄り(本当は八ヶ岳自然ふれあいセンターに行くつもりが火曜日は休館日だったので隣接する清泉寮に寄った)、帰りに山梨県立フラワーセンター・ハイジの村でラベンダーを見て、入口にある明野サンフラワーフェスの会場で少しだけ咲いているひまわりを見てきた。明野村の会場は広大で、ここにひまわりが満開になったらかなり見事に思える。

 清泉寮のそばの日本の橋100選のひとつ、東沢大橋も紅葉の頃には見事なようだが、ここは駐車場が混むだろうなあ。

東沢大橋


写真

| | TrackBack (0)

岡本嗣郎「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ 」

岡本嗣郎「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ 」

岡本嗣郎「終戦のエンペラー 陛下をお救いなさいまし 」

 7月27日に公開される映画「終戦のエンペラー」の原作。すでにこの名前での文庫本もあるようだ。
 映画は予告編を見る限り、太平洋戦争の真の戦争犯罪人を探すストーリーが中心になっているが、本書は2/3は河井道の伝記に近い。伊勢神宮の神官の家に生まれ、新渡戸稲造に見いだされ、アメリカに留学し、ボナー・フェラーズと出会う。

 フェラーズはマッカッサーに天皇不起訴の意見書をあげるが、もともとラフカディオ・ハーンの著作に影響された親日家。著者も最後に書くように、河井道がいなくても当時の世界情勢などから天皇は訴追されることはなかっただろう。

 河井道は恵泉女学園の創立者であり、教育者としての彼女の生き方のほうが、天皇訴追云々の本題よりも興味深かった。近所にこの学校があり、自転車ではよくその前を通る。この通り(尾根幹線)沿いには、他にも多摩大学、国士舘、大妻女子とあるのだが・・・。
 今日も通った。ああ、これが河井道の学校か、と思い、河井道の記念のものを見たいとか申し出れば、見せてくれるかも、と思った。

 なお、作品中には河井道が「陛下をお救いなさいまし」と言ったシーンはなく、フェラーズが意見書を書くために、河井の意見を聞いているに過ぎない。題名から想像すると河井が積極的に動いたように見えるのが、どうかな、と思った。

| | TrackBack (0)

満雲天 2013/7/7

「運動は控えましょう」との昼の天気予報の呼びかけを横目で見ながら「自分だけは熱中症にならないと信じている老人症候群」の仲間入りしたため、最近ちょっとメジャーになってしまった「満雲天」にたどり着くべく尾根幹線と小山内裏公園、野猿街道の軟弱ルートを走ってきました。
 「満雲天」を出たあとは激坂の「記念館通り」をパスして軟弱ルートで帰宅。

詳細

| | TrackBack (0)

« June 2013 | Main | August 2013 »