« January 2013 | Main | March 2013 »

谷保天神の梅 2013/2/24

谷保天神 梅林 白玉2個入りお汁粉 

国立の谷保天満宮の梅林に行きました。国分寺崖線よりわずかに北のここは暖かくて、紅白の梅がいよいよ盛りのようでした。
 ついでに自動車の試乗を2件。レーサーパンツ履いてロードバイクに乗って自動車のディーラーに行くと、いかにもサイクリング中にちょっと寄りました、という感じでほとんどセールスされません・・・。

 写真
 【試乗結果】VOLVO V40 SUBARU インプレッサG4

| | TrackBack (0)

インプレッサG4 試乗

 インプレッサG4(セダン)の2.0iアイサイトに試乗してきた。
 昨年、試乗したのは同じG4の2.0のアイサイトで最上位のSだった。Sはタイヤが17インチで固いと言われ、実際そのような印象があった。今回は16インチがあったので再度試乗してみた。

 平地主体のV40の試乗と違ってこちらが愛宕団地周回のアップダウンコース。自転車ではこの右回りは行きたくない斜度がある。

 出だしは平地だったけど、トルクないなあ、相変わらず。これならATプログラムの出来が悪いマツダ車のほうがまだ速い(出だしは)・・・。2リッターという感じはしない、というか出足だけなら軽自動車のが速いだろう。まあ、もたついているというほどではないが。
 坂道もそこそこ登るがある程度の速度になると一度トルクがなくなるのも、ネットでの評判どおり。
 しかし、面白みはないが、とても安定している。かなり踏み込んでコーナーに入ってもリアの挙動に不審な点は一切ない。オン・ザ・レールとは良く言ったもの。それと感心するのがそういう状況でもロールはほとんど感じない(まあ大した速度は出してないですが)。これはかなり良い。
 車内は取り立てて静か、というほどではないが、うるさくはないし、ロードノイズも気にならない。17インチと違って突き上げもないで、全体としては乗り心地は良いほうになるだろう。しかし滑るようにという感じはまったくない。タクシーでいえば、タクシー会社が使うクラウンコンフォートよりは良いが、個人タクシーのクラウンロイヤルサルーンには全く負けている、というところか。
 ナビはディーラーオプションのカロが着いていたが、ボルボのよりは当然良い・・・。

 トランクは十分な広さがあるし、幅もあるのでタイヤをはずせばロードバイクもリアシートを倒さなくても十分入るだろう。

 ACC(オートクルーズコントロール)はアイサイト装着車の場合、設定はメーター読み114km/h(実際は100km/h)までで、それを超えて加速すると、ACCは解除され、設定速度以下に戻っても、ACCが再セットされることはない。しかし、衝突回避の機能は維持されているので、プリクラッシュブレーキは作動するとのこと。ACCとアイサイトはあくまで独立制御とのことでした。

 コーナーを攻める車ではないが、コーナーに間違えて予定以上の速度で突っ込んでしまってもVDCとAWDがカバーをしてくれる、つまらない車ではあるが、安心できる実用車と言える。
 最小回転半径の5.3mは許容範囲内だろう。

| | TrackBack (0)

ボルボ V40 試乗

 2月19日に発売されたばかりのボルボ V40に試乗してきた。
 多摩サイで見かけた黒ではなくパンフレットに登場する薄いスカイブルーのであった。
 グレードは上位のT4 SE
ポジションは完全に決まる。スポーティなポジションでやや沈み込む感じだが、シートの高さも出せるので見切りは悪くない。
 出足は軽く、少し踏んだだけでトルク感があり、ボディ剛性もあり、とてもスポーティである。パワーに全く不足はなく、ブレーキも良く、車そのものの出来は全く問題ない。

 しかし、大きなネックが2つある。最小回転半径とナビの2つ。特にナビがダメ。

 最小回転半径は、素のT4が5.2mに対して、T4SEは5.7mとなる。
 過去にレガシーB4の最小回転半径5.6mにかなり苦労した私的には、このボディサイズでT4 SEの最小回転半径が5.7mはないだろうと思う。この差はタイヤサイズだけに起因するらしいので、素のT4にすればいいか・・・。

 しかし・・・。T4とT4SEの差はタイヤサイズだけではない。
 標準装備に、パークアシストリアが着くとかパワーシートになるとかである。
 しかも、素のT4にはナビがない!! ナビパッケージがオプション設定されず、他社製のナビをインダッシュに着けることもできない。オンダッシュにポータブルを載せるしかないが、ダッシュパネルがミニバンのような高さであればオンダッシュも問題ないが、ほとんどクーペに近いダッシュは高さがありすぎ、たとえ小さなポータブルタイプを載せても、かなり前方視界を遮ることになり実用性が全くない。

 したがって、ナビなしを克服するには、T4でなくT4SEにする必要があるが、すると最小回転半径の問題が出る。もっとも回転半径は困らなければそのままでもいいし、どうしてもだめならあとからタイヤを小さくすればいい。

 しかし・・・・。T4SEのナビ・・・。もの凄い貧弱。地図のスケールを上げて詳細地図を眺めるとそれは、マツダがおまけで着けていた富士通テンのメモリーナビとほぼ同じのショボイ画面と色使い。

 V40は発売以来、大人気ですでに納車は5月以降らしいが、売れているのはナビが着けられるSEばかりのようだ。しかしそのナビがあれでは、車の全体のスペックや内装の高級感を一気に落とすことは間違いない。ちなみにボルボは車種にかかわらず同レベルのナビらしい。
 あと、トランクがかなり狭い・・。奥行はリアシートを倒せばカバーできるが、幅が狭いのが難点。

 トランクの狭さも、見た目ほどは広くない室内も、外観との差は、間違いなく安全装備や剛性強化に費やされているのだろう。なんと言っても戦車と言われたボルボである。日本車はゼロ戦、ボルボはグラマンF6Fくらい乗員の安全確保に力点の差があるのだろう。

| | TrackBack (0)

百草台自然公園と高幡不動尊 2013/2/17

百草台自然公園からの日光連山

 北の山を眺めに日野市の百草台自然公園に行ってきた(遠くを見ようという割には午後の出発なのが気合が抜けている・・・)。そのまま高幡不動尊の梅と市内の原峰公園の梅をチェックしてきたが、いちばんきれいだったのは自宅の近所の瓜生緑地の紅梅だった・・・。

写真&詳細

| | TrackBack (0)

瓜生緑地の梅 2013/2/10

紅梅

 近所の瓜生緑地の紅梅が咲き始めた。白梅はまだ。今年は大雪など、寒い冬だったせいか、梅の開花が妙に待ち遠しい。今日は暖かかった。

写真

| | TrackBack (0)

山崎団地から尾根緑道 2013/2/3

鑓水給水塔

 町田市の山崎団地から北岳が見えるというので、昼過ぎというのに見に行ってきた。
 北岳とは確認できなかったけど(PC上では確認)、いちおう白い山がもやっと見えた。

 暖かい日差しで、尾根緑道やその続きの小山内裏公園はなかなかにぎわっていた。

詳細&写真

| | TrackBack (0)

よこやまの道・諏訪ヶ岳 2013/2/2

 川崎市の最高峰(と、いいながら山頂は多摩市にある)諏訪ヶ岳にお買いもの仕様の自転車・DAHONで行ってきました。往復4キロのポタリングです。
 見通しは良くなかったですが、それでもよこやまの道からはランドマークタワーが見え、帰りの尾根幹線では逆光の丹沢のむこうに富士山が見えました。

 詳細&写真

| | TrackBack (0)

« January 2013 | Main | March 2013 »