« 牧山圭男「白洲家の日々: 娘婿が見た次郎と正子」 | Main | 夏の朝の尾根緑道 2012/7/16 »

佐藤幹夫「村上春樹の隣には三島由紀夫がいつもいる。」

佐藤幹夫「村上春樹の隣には三島由紀夫がいつもいる。」
 最初は村上春樹とは無関係に、志賀直哉、太宰治、三島由紀夫の関係が論じられる。正直のところ、この部分が一番面白かった。それ以降「人間失格」と「風の歌を聴け」の比較、三島の「夏子の冒険」と「羊をめぐる冒険」との比較となり、最後は「春の雪」と「ノルウェイの森」、「奔馬」と「ダンス・ダンス・ダンス」の比較になる。
 これらの中で比較的面白かったのは「羊をめぐる冒険」と「ノルウェイの森」の論評だろうか。

 自説にのめりこんでしまい、肝心な部分が文章がせっかちで読みにくく、結論がでないまま次に進んでしまう印象。それでもこういう観点からの比較というのはなかなか興味深くはある。

|

« 牧山圭男「白洲家の日々: 娘婿が見た次郎と正子」 | Main | 夏の朝の尾根緑道 2012/7/16 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/55196510

Listed below are links to weblogs that reference 佐藤幹夫「村上春樹の隣には三島由紀夫がいつもいる。」:

« 牧山圭男「白洲家の日々: 娘婿が見た次郎と正子」 | Main | 夏の朝の尾根緑道 2012/7/16 »