« 柴田勝二「村上春樹と夏目漱石――二人の国民作家が描いた日本」 | Main | 京王フローラルガーデン 2012/6/24 »

河合俊雄「村上春樹の「物語」―夢テキストとして読み解く」

河合俊雄「村上春樹の「物語」―夢テキストとして読み解く」
 河合俊雄は河合隼雄の子供である。職業は同じ心理学者。系統も同じユング。生前はさぞかしやりにくかったろうな、と推察する。「思想家 河合隼雄」では中沢新一たちに遠慮してホスト役に収まっていた。
 本書ではユング系心理学者としての河合俊雄が「1Q84」を中心に縦横無尽に論じる。やや細かすぎる、こじつけに近いのではと思う箇所もなきにしもあらずであったが、村上作品によくある「あちら側」の意味つけを心理学の側面から行っている。本書を読んでいる途中でストーリーを忘れていてついていけなくなったので「海辺のカフカ」を読み直す。

|

« 柴田勝二「村上春樹と夏目漱石――二人の国民作家が描いた日本」 | Main | 京王フローラルガーデン 2012/6/24 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/55035152

Listed below are links to weblogs that reference 河合俊雄「村上春樹の「物語」―夢テキストとして読み解く」:

« 柴田勝二「村上春樹と夏目漱石――二人の国民作家が描いた日本」 | Main | 京王フローラルガーデン 2012/6/24 »