« November 2011 | Main | January 2012 »

疋田智と妻(サイ)クリスト・ドロンジョーヌ恩田「明るい自転車相談室」

疋田智と妻(サイ)クリスト・ドロンジョーヌ恩田「明るい自転車相談室」
 知る人ぞ知る自転車界の有名人二人による3冊目。軽い。
 乗らない時間が長引くとこういうのを読んでストレス発散

| | TrackBack (0)

村上春樹「おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2」

村上春樹「おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2」
 こちらは「アンアン」に連載中のエッセイ集。若い女性を意識して書いているのでちょっとおしゃれでウィットに富み、ちょっとカッコウをつけているかな。当然読みやすい。
 1回4ページほどの最後に小さく書かれた「今週の村上」という1行のコメントがそこはかとなくおかしい。

 ちなみに書名の「おおきなかぶ」はあのお遊戯、「むずかしいアボガド」は食べ頃を見極めるのがむずかしい、ということ

| | TrackBack (0)

小澤征爾x村上春樹「小澤征爾さんと、音楽について話をする」

小澤征爾x村上春樹「小澤征爾さんと、音楽について話をする」
 新潮社の広告誌「波」の巻頭に丸谷才一がこの本のレビューを書いていた。丸谷才一らしい明確な批評にビリっときて、すぐに手にした。
 エキサイティングな対談集である。
 クラシックなど入門程度にしか知らないので、登場する曲はざっと1割くらいしか知らない。演奏者や録音など個別のデータまで含めるとまずほとんどが知らない曲の話がほとんどなのに、読んでいて自分の無知が邪魔にならずに楽しめる。
 それとこれはあとがきで小澤征爾さんも書いていたが、村上春樹のクラシックに対する知識や知見の深さ。彼は学生時代から文壇デビューののちまでジャズ喫茶をやっていたのでジャズに詳しいことはよく知られている。また作品にもクラシックが出てくるのでクラシックに相応の知識があることも知られているが、こんなに深いとは知らなかった。そしてなんと言っても耳がいい。対談では村上の自宅で実際にレコードやCDを聞きながらというシーンもあるが、全体のまとまりや個別の楽器の弾き方まで、よく聞こえている。
 もうひとつ、これは対談集といいながらも村上春樹の小澤征爾への綿密なインタビューであり、そのための事前勉強を村上が非常によくしていることに感心した。彼の知見からすれば元から知っていることもあるのだろうが、小澤さんはその曲はたしか誰とどこでいつ録音していますね、という感じで小澤征爾のそれまでの歩みや経歴を十二分に勉強して望んでいる。まあ、マナーなのだろうが。

 ちなみに丸谷才一は小澤征爾の桐朋時代の英語の先生だった。

| | TrackBack (0)

皆既月食 2011/12/10

初めて撮ってみたけど、なかなか難しいもんだ。寒いし。
せめてもう少し高度(仰角)が低いと体勢が楽だったかも。

写真

| | TrackBack (0)

« November 2011 | Main | January 2012 »