« 多摩サイから浅川CRへ 2011/11/5 | Main | PCオーディオ完成? »

酒井英行「『ノルウェイの森』の村上春樹」

酒井英行「『ノルウェイの森』の村上春樹」
 とてもとっつきにくい本である。
 導入部もなく、いきなり決めつけから入る。これじゃあ、小学生の読書感想文じゃあないか、と最初は思ったが、徐々に慣れてきた。しかし同じ村上春樹の解説本でも加藤典洋と比べると不親切だし、独善性が強いなと思う。まあその分、意外であり、意表をつく。
 「ノルウェイの森の・・・」との題名だが実際には最初に4つの短編についての解説、そして「ノルウェイ」のあとにはその続編ともいわれる「国境の南、太陽の西」についての考察がある。
 後者の島本さん、イズミと「僕」との同一性のあたりは、まさに意表をつくが、この物語の後半に登場する島本さんやイズミが全部「幽霊」なのはいかがなものか、と思う。まあ、思うのは勝手だが。

|

« 多摩サイから浅川CRへ 2011/11/5 | Main | PCオーディオ完成? »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/53176467

Listed below are links to weblogs that reference 酒井英行「『ノルウェイの森』の村上春樹」:

« 多摩サイから浅川CRへ 2011/11/5 | Main | PCオーディオ完成? »