« October 2011 | Main | December 2011 »

尾根緑道・紅葉なし 2011/11/23

またも2週間以上空いてしまった。
いくらなんでももう紅葉でしょう、と思ったけど
どこに行っても紅葉はないですね。

多摩美のそばで2本だけ見つけた・・・。

詳細&写真

| | TrackBack (0)

PCオーディオ完成?

 いろいろ試行錯誤の結果、PC周りの音響環境は以下のとおりとなった。

 ・アンプ:ONKYO A-922M
 ・スピーカーA:ONKYO D-202A スピーカーB:Victor SX-L33
 ・インシュレーター: audio-technica AT6089CK
 ・CDプレーヤー: Pioneer DVD-2020
 ・サブマシン用音源ボード:ONKYO SE-150PCI

 CDプレーヤー(実はDVDプレーヤー)とインシュレーター以外はヤフオクの中古。SX-L33は既存

 以前にも書いたが、当初はYAMAHA NS-1000MMを購入して、SX-L33は売却する予定だったが、聞き比べたらちょっと気が抜けてしまい、NS-1000MMを売却することを想定して別のスピーカーをネットで探した。価格や大きさの問題もあり、AVアンプに接続しているD-102A Compactの音質が気に入っているので、結局兄貴分のD-202Aにした。
 実際にD-202Aを聞いてみると、D-102A Compactときわめて似ている。さすが兄弟。兄貴格のD-202Aは102Aよりも音圧レベルが高く、中音域の元気が良い。大きさも102Aより大きい分低音もこの大きさの割りには良く鳴る。 102A,SX-L33と3つの中では一番音質が良いので、一番聞く機会が多いPCにA-922M経由で接続。同じくA-922MにつないでるSX-L33と切り替えて聞くと、NS-1000MMとの比較では、ずいぶん元気がよく思えたSX-L33が上品に聞こえる。それならSX-L33をより上品に味付けするかと、高音が伸び、低音を抑える傾向のインシュレーターaudio-technica AT6089CKを購入、19日に届いた。置いてみたらそのとおりになった。

 まあ、そんなわけで1か月近くバタバタと売り買いしていたが、環境は一応完成。またムシが騒ぐ時期まではこの構成でいく。

 購入および売却代金
【購入】
A-922M:\6,980 D-202A:\5,099 YAMAHA NS-1000MM:\8,600 AT6089CK:\1,690 DVD-2020:\3,420 SE-150PCI:\1,480  RCA変換ケーブル:\100 合計:\20,389 + 送料概算 \3,000
【売却】
ONKYO CR-185Ⅱ(以前のアンプ):\3,000 NS-1000MM(音質合わず売却):\7,860
ONKYO C-722M(音飛びありのCDプレーヤー):\1,100 C-705X(同左):\1,000
ONKYO GX-70HD(サブマシン接続スピーカー):\4,800 EPSON GT-9400UF(スキャナー。スペース捻出のため):\5,530 合計:\23,290

 購入はほぼ予定どおりの金額。売却で意外だったのは、左右同型でエンクロージャーに傷ありにも関わらず人気機種のせいか、NS-1000MMがそれなりの価格だったこと(それでも購入価格より安いが、試聴料と思えば良い)、GX-70HDもPC用スピーカーとしては人気機種のせいか、それなりの価格。そして、スピーカー2系統構成のための設置スペースのために売却したスキャナー。ハードオフに持ち込み査定してもらったら「10円」と言われ、さすがに持ち帰ってきたもの・・・。(ノーブランドの小さいPC用スピーカー1セットは同じく10円で引き取ってもらった。オクに出してもせいぜい100円で、作業のほうが手間なので・・・)もっとも、スキャナーが高額だったのは、同じ機種の出品商品に不足していることが多かったフィルムスキャン用部品が揃っていたためだろう。

| | TrackBack (0)

酒井英行「『ノルウェイの森』の村上春樹」

酒井英行「『ノルウェイの森』の村上春樹」
 とてもとっつきにくい本である。
 導入部もなく、いきなり決めつけから入る。これじゃあ、小学生の読書感想文じゃあないか、と最初は思ったが、徐々に慣れてきた。しかし同じ村上春樹の解説本でも加藤典洋と比べると不親切だし、独善性が強いなと思う。まあその分、意外であり、意表をつく。
 「ノルウェイの森の・・・」との題名だが実際には最初に4つの短編についての解説、そして「ノルウェイ」のあとにはその続編ともいわれる「国境の南、太陽の西」についての考察がある。
 後者の島本さん、イズミと「僕」との同一性のあたりは、まさに意表をつくが、この物語の後半に登場する島本さんやイズミが全部「幽霊」なのはいかがなものか、と思う。まあ、思うのは勝手だが。

| | TrackBack (0)

多摩サイから浅川CRへ 2011/11/5


 なんと1か月ぶりの自転車。Garmin Edge500の操作も忘れそう・・・。実際、鍵と予備チューブを忘れたことにコンビニで気が付いた・・・。
 基本的にまっ平らなコースなんだが(川沿いのサイクリングロードなので微妙に上るわけではあるが・・・)最後のほうになってハンガーノックっぽいだるさになったので、当初目的の多摩サイのたい焼き屋さんがやっていなかったので関戸でどら焼きを食べた・・・。

 多摩サイも浅川サイも午前中のせいかローディでにぎわっていたが、多摩サイも混雑という感じはなかった。

P.S 南浅川橋に近い甲州街道のコンビニで休憩していると、登っていくローディが何台も通過する。このあたりでは有名な「なるしまフレンド」のジャージも見かけた。みんなこれから大垂水かはたまた和田峠か・・・。
詳細&写真

| | TrackBack (0)

清春芸術村の紅葉


 4年ぶりに娘と清春芸術村に紅葉を見に行ってきた。もっともここは桜の名所なのでモミジはほとんどないが。
 そのあとで八ヶ岳方面へ。上の方はすでに終わっているらしいが、八ヶ岳大橋あたりからのカラマツの黄葉は見事だった。いわゆる赤い紅葉は都内をはじめ全国津々浦々で見ることができるが、カラマツ林の黄葉は高原に来ないと見られない。
 曇天の割には遠望も効き、早出早帰りのおかげで道路もすいすいで満足。

詳細&写真

| | TrackBack (0)

« October 2011 | Main | December 2011 »