« 梨木香歩「西の魔女が死んだ」 | Main | NS-1000MM vs SX-L33 on A-922M »

津本陽「信長私記―下天は夢か」

津本陽「信長私記―下天は夢か」 津本陽はけっこう毀誉褒貶が激しい歴史作家らしい。事実の淡々とした羅列、深みのない文章、資料の勝手な引用・・・。
 「下天は夢か」は日経新聞に連載していたころは知っていたが、ぼくは連載小説は読まない主義なので中身は知らない。この小説で記憶にあるのは、2つ上の同僚の祖先が信長に滅ぼされた戦国大名として描かれていたという社内での雑談くらい。

 というわけで、本編も読んでいないのにエピソードを読んでいいのかなとも思ったが、手持ちの本がなくなったので読んでみた。

 エピソードでもあり、たしかに淡々とした羅列や、資料の引用が多い。まあ、それでもこれは本書の性格上やむを得ない部分もあろう。
 で、素材が信長という日本史上最高の革命児なので、何を読んでも面白い。というか信長を描いて面白くなければ、書く方が悪い。
 桶狭間からの破天荒な人生だが、実はひとつひとつの戦や政策は実に用意周到。だからこそ、なぜ本能寺にあれだけ手薄な状態で居たのか、あるいは黒幕はだれかという話題はこれからも新事実が判明するまで、ずっとわれわれを楽しませてくれるであろう。

|

« 梨木香歩「西の魔女が死んだ」 | Main | NS-1000MM vs SX-L33 on A-922M »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/52991306

Listed below are links to weblogs that reference 津本陽「信長私記―下天は夢か」:

« 梨木香歩「西の魔女が死んだ」 | Main | NS-1000MM vs SX-L33 on A-922M »