« 加藤典洋「村上春樹の短編を英語で読む1979~2011 」 | Main | 清春芸術村の紅葉 »

「河合隼雄を読む」

「河合隼雄を読む」
「河合隼雄を読む」は1998年に刊行された河合隼雄の著作の書評集である。河合先生の代表作32作を各界の有名人(どんな人が書いているかはAMAZONにある表紙に記載されている)がそれぞれに関わる著作について述べている。書評というよりも個人的感想文に近い。たとえば白洲正子は「明恵 夢を生きる」の解説をしている。実は白洲正子の「明恵上人」も読んだことはないので、どっちを先に読むべきか迷う・・・。この書評集の良いところは河合先生の膨大な著作の中で興味が持てそう、自分でも読めそうな本を選ぶ指針になりそうなところである。河合先生の本には児童文学や童話関連の本も多く、中にはアニメ映画にもなった「ゲド戦記」や先日読んだ「西の魔女が死んだ」なども取り上げられている。

 そういえば河合先生は村上春樹のメンターとしても知られ「村上春樹 河合隼雄に会いに行く」なんて対談集もあるが、読み終わったばかりの「村上春樹の短編を英語で読む1979~2011」にも何回か登場している。その最後が最新の短編「品川猿」の女性カウンセラー坂木さんという加藤典洋の説には膝を打った、というのはレス違いだが・・・。

|

« 加藤典洋「村上春樹の短編を英語で読む1979~2011 」 | Main | 清春芸術村の紅葉 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/53115193

Listed below are links to weblogs that reference 「河合隼雄を読む」:

« 加藤典洋「村上春樹の短編を英語で読む1979~2011 」 | Main | 清春芸術村の紅葉 »