« 福田和也「東京の流儀」 | Main | ジャイアントストア 2011/10/8 »

河合隼雄「より道・わき道・散歩道」

河合隼雄「より道・わき道・散歩道」

 福田和也を読んで、なんか妙にギスギスした印象が残ったので、少し癒されるものを読みたいと手にしたのは、河合隼雄先生の本。心理学者でありカウンセラー自身が相談にくる最後のカウンセラーでもある河合先生の本は、その性格がにじみ出ていて、何を読んでもゆったりした気分になれる。
 この本は2000年前後に各所で書かれたエッセイをまとめたもので、ものによっては掲載誌の背景を知らないと、あれと思うような文章もあるが、おおむねどれをどこから読んでも間違いない。

 日本はもちろん各国の神話や民話への河合先生の興味、そして源氏物語への新しい視点など示唆に富む内容も多い。「できればXXXしないほうがいい」という程度の養生訓も昨今の厚生省と製薬会社が作られた健康ブームを予見しているようで、心の病気の先生は体の病気についてもいいところをついているなあ、と感心する。

 AMAZONで中古は1円から。それだけ多数の人が読んでいるということか。

|

« 福田和也「東京の流儀」 | Main | ジャイアントストア 2011/10/8 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/52887649

Listed below are links to weblogs that reference 河合隼雄「より道・わき道・散歩道」:

« 福田和也「東京の流儀」 | Main | ジャイアントストア 2011/10/8 »