« 尾根緑道の八重桜 2011/4/17 | Main | 活断層データベース »

猪瀬直樹「東京の副知事になってみたら」

猪瀬直樹「東京の副知事になってみたら」

 作家なので分かりやすく軽快に読める。
 現職なので立場が微妙なせいもあり、??と思うところはあるが、まあまあ面白い。

 ただし、実際に深くかかわった道路公団関連の高速道路無料化の話はさすがに納得させるが、それ以外はやや自慢話的である。都営地下鉄と東京メトロの統合の持論も、過去の税金投入や債務返済計画からの考え方は理解できるものの、紙面が限られていることもあり、納得できるレベルにはない。都営地下鉄のいい加減な社員(公務員?)を毎日見ていると、悪貨が良貨を駆逐するという印象をぬぐえない。オリンピック誘致話もCO2 25%削減話も具体的なメリットや手法の提示がなく理念のみ。
 要するに薄っぺらな新書で書ける内容ではない。詰め込みすぎ。

|

« 尾根緑道の八重桜 2011/4/17 | Main | 活断層データベース »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/51446371

Listed below are links to weblogs that reference 猪瀬直樹「東京の副知事になってみたら」:

« 尾根緑道の八重桜 2011/4/17 | Main | 活断層データベース »