« 1月3日の展望 | Main | 池澤夏樹「エデンを遠くはなれて」 »

土居 豊「村上春樹のエロス」

土居 豊「村上春樹のエロス」 村上春樹の初期の作品は「鼠」が書く小説のように「セックスなし、死人なし」だったが、「ノルウェイの森」以降、これらが徐々に変化し、「ねじまき鳥クロニクル」の皮はぎや「1Q84」に至ってはヒロインの青豆はプロの暗殺者となっている。
 それはなぜだろうというのが本書の趣旨であり、「ハーレクインロマンスもどき」と酷評されることもある「1Q84」について、究極的には彼の文学の進化によるものと結論付けている。特に「1Q84」についてはBOOK3において、勘弁してよ、と読者の多くが思った青豆の(BOOK2の最後では自殺したと思ったのに)死んでなかった、さらには処女懐胎・・・。これらを含めた文学性について検討を加えている。
 著者の土居豊は「村上春樹を歩く」「村上春樹を読むヒント」など彼の評論を得意としており、後者は読んだことがあるが、なかなか面白い視点ある。
 本書もなかなか面白い視点であり、持ち上げすぎとも言えなくもないが、たしかに村上ほどの作家がハーレクインもどきを書くはずがなく、著者の見方は新鮮でもある。
 「1Q84」は文体がリアリズムなのでストーリーに戸惑ってしまうが、従来の村上文学のストーリーであればストーリーに破綻はないと言える。

|

« 1月3日の展望 | Main | 池澤夏樹「エデンを遠くはなれて」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/50520153

Listed below are links to weblogs that reference 土居 豊「村上春樹のエロス」:

« 1月3日の展望 | Main | 池澤夏樹「エデンを遠くはなれて」 »