« 三田完「櫻川イワンの恋」 | Main | 長池公園で蝋梅探し 2011/1/22 »

浅田次郎「珍妃の井戸」

浅田次郎「珍妃の井戸」
 浅田次郎「珍妃の井戸」は清代末期を描く2つの長編「蒼穹の昴」「中原の虹」をつなぐ中篇である。
 「珍妃」とは義和団の変の時に生きたまま井戸に投げ込まれて殺された皇帝の妃(側室であって皇后ではない)である。殺したのは皇帝の叔母であり実権者であった西太后というのが定説で、これだけはかなり前にTVかなんかで覚えたが、「蒼穹の昴」を読むまでは、事件の時期も珍妃がどんな女性であったのかも知らなかった、というよりも、西太后とは妃を井戸に投げ込んで殺した恐ろしい女帝という印象だった。

 さて、本書はこの事件の真犯人を探して日本、ロシア、イギリス、ドイツの外交官が関係者から証言を聞いていき最後には幽閉されていた皇帝に話を聞くというスタイルになっており、2つの長編とは全く違った構成になっている。ミステリーの雰囲気もあり、淡々と話が進むのであっという間に読める。
 真犯人探しの結末はおくとして、当時の列強が行った中国への侵略行為を具体的に浮き彫りにすることで、この作家のこの時代の中国への想いを表した作品だろう。

|

« 三田完「櫻川イワンの恋」 | Main | 長池公園で蝋梅探し 2011/1/22 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/50577794

Listed below are links to weblogs that reference 浅田次郎「珍妃の井戸」:

« 三田完「櫻川イワンの恋」 | Main | 長池公園で蝋梅探し 2011/1/22 »