« December 2010 | Main | February 2011 »

発見!長池公園の蝋梅

 前回、見つからなかった長池公園の蝋梅の場所をこちらのコメントで教えてもらったので
今日は車で見に行ってきました。


| | TrackBack (0)

原武史「鉄道ひとつばなし」

原武史「鉄道ひとつばなし」
 講談社のPR誌「本」に連載中のコラムをまとめたもの。
 「本」はこの一文があるので購読している。「大正天皇」などの著作があるれっきとした政治学者なので(本人はオタクではないと言っているが)、鉄道オタクによるネタ本ではなく、鉄道をネタにした文化論や時には政治論的なタッチのエッセイが多い。とはいえ旅関連のベストセラーである「日本鉄道旅行地図帳」を、今尾恵介と共同監修しているので十分オタクであるが・・。

 1996年から2003年までの連載記事をまとめたのが本書。
 歴史、文化、政治、鉄道王、駅、車窓風景など万遍なく書かれておりしかも、 全部が面白い。

 特に冒頭の一文「時間意識から見た東北と九州」は目からうろこ、鉄道本の冒頭にふさわしい。
 明治の初めに鉄道が運行されるということは、それまでの日本人の時間感覚を大きく転換させることである。1時間や1分の長さが決まっている太陽暦の採用は1873年であり、鉄道開通(1872年)よりも遅い。当時は日の出から日没までの長さで時間を決めていた太陰太陽暦である。場所によって示す時間が異なっていては鉄道の運行はできない。これを可能にしたのが太陽暦である。テーマにある東北と九州とは時間感覚が東北のほうが厳しく九州が緩かったらしいというのが当時の時計店の数と鉄道の敷設実績からみていったもの。

 近代の天皇論が専門の政治学者としての視点では皇室と鉄道関係はかなり出てくる。明治以降の天皇と鉄道、神社とお寺の扱い(お寺である円覚寺は横須賀線に境内を2分されてしまったが、神社である府中の大国魂神社は長く京王線を2分していた)やお召列車などは面白い。

| | TrackBack (0)

長池公園で蝋梅探し 2011/1/22

 寒さで出不精だったが今日は陽射しも暖かそうなので、こちらのサイトを見て、「そうだ、蝋梅を見に行こう」とJR東海の京都のCM風に思い立つ。目的地は自宅からごく近い。そのあとで尾根緑道から長池公園に蝋梅を探しにいったが、こちらは梅はあったが蝋梅は見つからなかった。

詳細&写真

別所の蝋梅長池公園の梅園

| | TrackBack (0)

浅田次郎「珍妃の井戸」

浅田次郎「珍妃の井戸」
 浅田次郎「珍妃の井戸」は清代末期を描く2つの長編「蒼穹の昴」「中原の虹」をつなぐ中篇である。
 「珍妃」とは義和団の変の時に生きたまま井戸に投げ込まれて殺された皇帝の妃(側室であって皇后ではない)である。殺したのは皇帝の叔母であり実権者であった西太后というのが定説で、これだけはかなり前にTVかなんかで覚えたが、「蒼穹の昴」を読むまでは、事件の時期も珍妃がどんな女性であったのかも知らなかった、というよりも、西太后とは妃を井戸に投げ込んで殺した恐ろしい女帝という印象だった。

 さて、本書はこの事件の真犯人を探して日本、ロシア、イギリス、ドイツの外交官が関係者から証言を聞いていき最後には幽閉されていた皇帝に話を聞くというスタイルになっており、2つの長編とは全く違った構成になっている。ミステリーの雰囲気もあり、淡々と話が進むのであっという間に読める。
 真犯人探しの結末はおくとして、当時の列強が行った中国への侵略行為を具体的に浮き彫りにすることで、この作家のこの時代の中国への想いを表した作品だろう。

| | TrackBack (0)

三田完「櫻川イワンの恋」

三田完「櫻川イワンの恋」
 新潮社の広告誌「波」に「モーニングサービス」という連載小説がある。浅草の喫茶店を舞台に界隈の人間模様が描かれる、どことなくほっとできる小説である。その作者が本書の作者三田完であり、冒頭にオール讀物新人賞受賞作の表題作「櫻川イワンの恋」。ほか4編の短篇集である。
 表題作も舞台は浅草、描かれるのは昭和初期のロシア人の幇間。これはさすがになかなかいい。
 しかし、続く小編を読み進むにつれ、まあそこそこの話ではあるが、表題作ほどではないなあと感じた。所詮NHKあがりの素人作家の域を出ないと・・・。
 「ひょうたん池」は美空ひばりの育ての親といわれる川田晴久を巡る話、ひょうたん池は浅草寺に以前にあった池である。「親父橋」は落語家3代、「愛宕女坂」はラジオ放送開始当初の女性アナウンサーの話。最後の「あじさゐ小路」は、満州での東海林太郎と甘粕正彦(あの大杉事件の)の話である。

 モデルのある小説というのは、とても危険である。読者に固定観念を植え付ける。国民的作家となればなおさらである。司馬遼太郎が描いた坂本龍馬や秋山兄弟などが最たるものだろう。歴史小説は当然ながら全部がそうなるが、短篇でモデルを持ち出す意図は何だろう。有名人だから読者にはなんらかの先入観や偏見、思い込みがあるが、それをちょっと覆すつもりの軽いジャブなのか。まあ、そういうことを考えながら読むと面白かった。

| | TrackBack (0)

多摩市からの南アルプス 2011/1/10

多摩東公園上からの塩見岳
午前中に外出したら寒いのと強風で、午後に考えていたロードバイクでの「八王子七福神完成編」を断念。
でも強風ということは霞も山の雲も飛んでいる可能性があるということで、
尾根幹線と並行する里山・よこやまの道に行ってみた
(まあ、正確には、よこやまの道に並行する尾根幹線、なんだろうが)

この強風にもかかわらず相変わらずロードの兄ちゃん、おじさんは多くて、この3連休に10キロしか走っていないぼおくはちょっと焦る・・・。
 で、多摩東公園に車を止めてよこやまの道に上がってみると、塩見岳がなかなかきれいに見えたので、そのまま西に向かって歩いてみる。
 この道は雑木林が多くて(犬も多い)散策にはいいが、山の撮影に適したポイントは実は少ない。
 それでも歩くにつれ前景の山とその奥の雪山の重なりが変わっていく姿がなかなか面白い。
 ふたつの山は最低でもここから50キロ以上は離れているのに、こちらが数十メートル動くだけで重なり方が変わっていく。
 
 腰部脊柱管狭窄症で脚がしびれがちではあるものの、意外と歩くことができて、結局、展望広場(防人見返り峠)まで往復してしまった。
 車にもどって仕上げに、八坂神社(天王森公園)まで行って坂浜聖ヶ丘橋からの塩見岳をカメラにおさめてきた。

坂浜聖ヶ丘橋からの塩見岳

多摩市からの南アルプス 2011/1/10

| | TrackBack (0)

池澤夏樹「エデンを遠くはなれて」

池澤夏樹「エデンを遠くはなれて」を読んだ。87年から90年に
ファッション雑誌「マリクレール」に連載されたエッセイ集である。「マリクレール」だから読者層としては女性を意識したのだろうが、読んでみると特にそういうことはなく、男目線でも十分楽しめる。
 「エデン」とは何を意味するのか、「遠くはなれて」今居る場所はどこだろうと考えながら読みたくなるような、自然や自然科学にまつわる話題が多い。かといって自然を保護しようとかこれは実はこうなっていると科学的に説明するものではなく、その視点は写真家・星野道夫の思想とも通じるだろうなと思わせる、自然感覚である。
 こういうエッセイは読むと安らぐ。

| | TrackBack (0)

土居 豊「村上春樹のエロス」

土居 豊「村上春樹のエロス」 村上春樹の初期の作品は「鼠」が書く小説のように「セックスなし、死人なし」だったが、「ノルウェイの森」以降、これらが徐々に変化し、「ねじまき鳥クロニクル」の皮はぎや「1Q84」に至ってはヒロインの青豆はプロの暗殺者となっている。
 それはなぜだろうというのが本書の趣旨であり、「ハーレクインロマンスもどき」と酷評されることもある「1Q84」について、究極的には彼の文学の進化によるものと結論付けている。特に「1Q84」についてはBOOK3において、勘弁してよ、と読者の多くが思った青豆の(BOOK2の最後では自殺したと思ったのに)死んでなかった、さらには処女懐胎・・・。これらを含めた文学性について検討を加えている。
 著者の土居豊は「村上春樹を歩く」「村上春樹を読むヒント」など彼の評論を得意としており、後者は読んだことがあるが、なかなか面白い視点ある。
 本書もなかなか面白い視点であり、持ち上げすぎとも言えなくもないが、たしかに村上ほどの作家がハーレクインもどきを書くはずがなく、著者の見方は新鮮でもある。
 「1Q84」は文体がリアリズムなのでストーリーに戸惑ってしまうが、従来の村上文学のストーリーであればストーリーに破綻はないと言える。

| | TrackBack (0)

1月3日の展望

 2011年1月3日は関東周辺は展望日和だったようで、ぼくも10時過ぎに近所の一等三角点のある公園に山を見に行ってみた。
 西は雲が多くて南アルプスはほとんど見えなかったが、今回は北が良く見えた。谷川岳や尾瀬の至仏山が見えた。
 谷川連峰。中央右端が谷川岳



 谷川連峰の仙ノ倉山



尾瀬の至仏山


多摩市から見える山を更新

| | TrackBack (0)

八王子七福神 2011/1/2


 今年の走り初めは八王子七福神。もっとも行ったのは4箇所だけで、時間切れで西八王子方面の3箇所は残してしまったのでご利益はないかも・・・
 日向では冬の陽射しがポカポカしていたが、日陰ではからだが芯まで冷えた。
 自転車で回っている人は多いが、ロードで来ているやつはいないのでけっこう目立った。

 中央線の踏み切り待ちで「あずさ」に遭遇、子供と同時に「あずさだ」と叫んでしまった。

詳細&写真



| | TrackBack (0)

« December 2010 | Main | February 2011 »