« 小山鉄郎「村上春樹を読みつくす」 | Main | JAXA相模原キャンパス 2010/12/30 »

エンゾ早川「ロードバイクバイブル 改訂版」

エンゾ早川「ロードバイクバイブル 改訂版」 エンゾ早川の「ロードバイクバイブル」の「改訂版」である。「改訂前」のものを読んだことがあり、賛否両論(否のほうが圧倒的に多いようだが)のなかでも、まあ、まともなことを言っていると感じたが、今回、この「改訂版」を読むとやっぱり「改悪版」かもしれないという感じ。「改訂前」には潜めていたアクの強さが前面に出てきている。

 彼の持論の欠陥は、その理論?の理由なり論証がないことに尽きる。典型的なのがライディングスタイルの「ラクダのこぶ」だが、あのような湾曲した背中を作らないプロは多数いるのはロードレースのTVを見ているとわかる。少なくもと新城幸也は違うよな。まあ、あれは今中大介も言っているので2つのうちのひとつという感じではある。
 野生動物は目覚めたとき朝食はないのだから、朝食を食べるな、と、言われても・・・。

 最後に出ていた75歳のおじいさんが箱根を登る話は作り話ではないと信じたい。

|

« 小山鉄郎「村上春樹を読みつくす」 | Main | JAXA相模原キャンパス 2010/12/30 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/50416146

Listed below are links to weblogs that reference エンゾ早川「ロードバイクバイブル 改訂版」:

« 小山鉄郎「村上春樹を読みつくす」 | Main | JAXA相模原キャンパス 2010/12/30 »