« 椎名誠「五つの旅の物語」 | Main | 池澤夏樹「スティル・ライフ」 »

池澤夏樹「きみのためのバラ」

池澤夏樹「きみのためのバラ」

 池澤夏樹。なんという響きの良い名前だろう。いかにも詩人っぽいペンネームだと思った。しかし、これ本名なんですね。正式には本名は福永らしいが(父が福永武彦)、池澤は母の姓。ま、いずれにしても若々しい名前であるが1945年7月終戦直前のお生まれ。

 この人の名前はずいぶん昔からいろいろなところで見ているし、その著作も書店で手に取って見たことは何回かあるが、その人となりを知ったのは星野道夫との対談などであろうか。
 Wikipediaには親交のある人として星野道夫があがっているが実際には3回合っただけだそうだ(NHK「あの人に会いたいー星野道夫」)。

 さて、物語は8つの短編集。世界各地でのささやかな出会いと別れを綴ったもの。国や土地やそこに住む人の感性がほどよく描かれた佳作が並んでいる。そのうちひとつだけが「白頭鷲」が生活するカナダ北部の太平洋沿岸の話で、星野道夫っぽいかなと思った。
 いずれの短篇もなかなか良い出来だけど、短篇にありがちな、この続きを知りたいという気持ちにならせる作品が少し多すぎるように思った。

|

« 椎名誠「五つの旅の物語」 | Main | 池澤夏樹「スティル・ライフ」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/49767139

Listed below are links to weblogs that reference 池澤夏樹「きみのためのバラ」:

« 椎名誠「五つの旅の物語」 | Main | 池澤夏樹「スティル・ライフ」 »