« 花菖蒲に早い中沢池 2010/6/6 | Main | ポロ POLO 1.2TSI 試乗 »

RYU’S倶楽部―「仲間」ではなく友人として

RYU’S倶楽部―「仲間」ではなく友人として
 対談集の醍醐味はホストがいかにゲストを引き出すか、であるが、それは逆にいえばゲストによっていかにホストが惹きだされるかということになる。
 村上龍の対談集の面白さはそこにある。インタビュアーとして淡々とホストの話を聞くのではなく、ゲスト顔負けの話をしてしまいゲストを喰ってしまう面白みがある。

 副題の―「仲間」ではなく友人として、とは、いつも一緒に群がっているのは単なる仲間、めったに会わなくても会えばわかるというかファーストプライオリティへの考えが似通っている、価値観が似ているのが友人というような区別をしている。
 職場の同僚や学校での同級生は単なる仲間であって友人ではない、ということだ。

 もっともそういいながらも冒頭に登場する山田詠美については「存在の耐えがたきサルサ」ではけっこう辛らつだったし???という部分もある。まああのときの相手が中上健次だったせいもあるかもしれない。村上龍は中上健次には頭があがらなかった。

 いずれにしても非常に広範囲なメンバーとの対談で村上らしさが出ている。「存在の耐えがたきサルサ」に比べるとひとりあたりの対談が短くて不十分なのが難点か。

|

« 花菖蒲に早い中沢池 2010/6/6 | Main | ポロ POLO 1.2TSI 試乗 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/48609703

Listed below are links to weblogs that reference RYU’S倶楽部―「仲間」ではなく友人として :

« 花菖蒲に早い中沢池 2010/6/6 | Main | ポロ POLO 1.2TSI 試乗 »