« ポロ POLO 1.2TSI 試乗 | Main | 多摩のまち 自転車探検 »

超訳 古事記

超訳 古事記
 公式文書である「日本書紀」はまあいいけど、神話集である「古事記」は一度読んでみたいと思っていた。
 
子供の頃のヤマタノオロチや因幡の白兎、そして伊勢神宮や出雲大社はもちろん、山歩きや地方を訪ねると神話にかかわる地名や伝承など、われわれの周囲には古事記に書かれた神々だらけ・・・。

 戸隠の天の岩戸の話や天孫降臨、はたまた最初の「なりなりて、なりあまりたる」など断片的には知っているが、はたして「古事記」の全体ってどうなっているの?という疑問を簡単に解明してくれる。

 正確には3部作のうちの1部、上巻のみを超訳したもので、神の誕生から神武天皇までが描かれている。

 音を重視した超訳となっているせいもあり、本文170ページながら1ページの文字数は極めて少なく1時間ほどで読めてしまう。

|

« ポロ POLO 1.2TSI 試乗 | Main | 多摩のまち 自転車探検 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/48612794

Listed below are links to weblogs that reference 超訳 古事記:

« ポロ POLO 1.2TSI 試乗 | Main | 多摩のまち 自転車探検 »