« 鶴見川のこいのぼり 2010/5/5 | Main | SUUNTO VECTORのバッテリー交換 »

近藤史恵「サクリファイス」

近藤史恵「サクリファイス」

 2008年度本屋大賞2位だからでも、第10回大藪晴彦賞だからでもなく、単純にロードレースの話なので読んでみた。
 導入部はロードレースを知らない人にはやや読みにくいのでは、という感じの専門用語やブランド名が出てくる(タイムのカーボンフレームを、カンパニョーロのレコードで組んだ自転車、とか)。1年前のぼくではわからなかったろう。それ以外は自然に読めるように適度に解説が入っている。ロードレースの仕組みなどなかなか良く調べて書いているな、という印象。

 それにしてもするすると読める本である。本屋大賞というのはこういう本が選ばれるのか。
 ただ、あまりにもすっと読めてしまうので、読み終わったあと、書籍代がもったいないようにも思える(もっとも今回は図書館本だが)。
 それはさておき、なかなか面白いストーリーで、大藪晴彦賞というからにはとてつもないハードボイルドかと思いきやそんなことはなく、適度に楽しめる。結末があまりにもあっさりしているので、あれ、という印象があるが、それは続編「エデン」への布石だろう。

|

« 鶴見川のこいのぼり 2010/5/5 | Main | SUUNTO VECTORのバッテリー交換 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/48278653

Listed below are links to weblogs that reference 近藤史恵「サクリファイス」:

« 鶴見川のこいのぼり 2010/5/5 | Main | SUUNTO VECTORのバッテリー交換 »