« くらべる一面:新s あらたにす | Main | 愛宕周回 2010/5/22 »

名将と参謀―時代を作った男たち

名将と参謀―時代を作った男たち
 戦国から江戸、明治期までを中心に名将と参謀について対談した本。例外は持統天皇かな。
 歴史作家である中村が話題をあげて、それを歴史学者である山内教授がコメントしていく流れが多い。

 かなり面白く、対談なので気軽に読める。

 名将と参謀は良く知られた組み合わせから、浅学のぼくは名前も聞いたことがない人も多い(特に幕末)。もちろん織田信長のように参謀が不要な名将もいる。ふたりの評価は概ね一致しているが一致しない部分もあり、この点だけは譲れないという文面も多い。
 戦国では上杉謙信は評価しない(中村)が景勝、直江兼続(こども店長)は最高のペアとして評価している。
 また最近まで評価されなかった人の掘り起こしも興味深い。大河ドラマで有名になったが小松帯刀、小栗忠順(上野介)など。

 坂本龍馬(名将でも参謀でもないが)についてはこの種の本では必ず登場する暗殺の仕掛人談義ももちろんある。直接の暗殺者は見回り組というのは近年の定説であるが、松平容保は許可はしたが、その流れを作ったのはやはり西郷ではないか、という意見。先進的な考え方と行動を取った龍馬も時々刻々と変わる幕末の流れの中で暴力革命をめざす西郷にとっては最終的に邪魔な存在になった、というわけである。

 日露戦争の秋山兄弟も触れているが、日露戦争の勝因と太平洋戦争の敗北への変化、特に日露戦争までの兵士の質、教育にかけた明治政府の意識などが面白い。当時の予算のうち教育3割、軍事3割を割き、国定教科書で標準語を策定し国内での言語の壁をなくしたことが大きいと書いている。

 それと、司馬遼太郎の文学(「竜馬がゆく」とか「坂の上の雲」とか)が人口に膾炙し、そのイメージを国民に植え付けたことによる歴史学から見た迷惑についても言及している。

|

« くらべる一面:新s あらたにす | Main | 愛宕周回 2010/5/22 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/48403448

Listed below are links to weblogs that reference 名将と参謀―時代を作った男たち:

« くらべる一面:新s あらたにす | Main | 愛宕周回 2010/5/22 »