« 川崎街道 2009/12/12 | Main | カポーティ「あるクリスマス」「クリスマスの思い出」 »

コインロッカー・ベイビーズ

コインロッカー・ベイビーズ
 村上龍の初期の作品は「ブルー」しか読んだことがなかったので読んでみた。

 この作品が書かれたのは1980年であり、その時代を理解していないと、単なるテロ礼賛のように思えてしまうのは、その手法が後の地下鉄サリン事件のヒントになっているのではないかと思えるような部分があるからか。そこまで考えなければ楽しめるスペクタクルでもあり、よくわからない。
 それにしても生まれてすぐにコインロッカーに捨てられて、生き延びたという設定はその意味やアナロジー、シンボルなどを勝手にいろいろ考えると、凄い設定である。

|

« 川崎街道 2009/12/12 | Main | カポーティ「あるクリスマス」「クリスマスの思い出」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/47055305

Listed below are links to weblogs that reference コインロッカー・ベイビーズ:

« 川崎街道 2009/12/12 | Main | カポーティ「あるクリスマス」「クリスマスの思い出」 »