« 岩宮 恵子「思春期をめぐる冒険―心理療法と村上春樹の世界」 | Main | ONKYO CR-185II »

ONKYO D-102A Compact

Victor SX-L33 vs ONKYO D-102A Compact
スピーカーSX-L33D-102A Compact
方式2ウェイバスレフ型(防磁形、JEITA)2ウェイ・2スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型・防磁設計(EIAJ)
スピーカーユニット低音用、14.5cm アルミオブリコーン
高音用、1.9cm 純金プレーティング・ピュアアルミハードドーム
低域用:12cmコーン型
高域用:2.5cmドーム型
最大入力(JIS)120W80W
定格インピーダンス
再生周波数帯域55Hz ~ 80,000Hz50Hz~35,000Hz
出力音圧レベル87dB/W/m89dB/W/m
クロスオーバー周波数4,000Hz2,500Hz
外形寸法(W)150mm×(H)270mm×(D)245mm(スピーカーターミナル、サランボード含む)幅166×高さ259×奥行272mm(サランネット含む)
質量4.5kg(1本)5.3kg
製造年2003年1994年

ONKYO D-102A Compact
 オーディオ用のスピーカーを代えた。
 現在のオーディオ用のスピーカーは2004年に購入したVictor SX-L33で、まったく不満はないがPC用のスピーカーを代えるための手順の一環として交換したもの。SX-L33はPC用に使う予定。その経緯は近々。

 スピーカー選びほど妄想が広がるものも少なくないが、結果的に表題のONKYO D-102A Compactにした(2,100円)。Compactがない、通常の102Aだと1,000円前後で入手できるが、Compactがより小さいので。

 で、今日届いたのでさっそく視聴してみた。マイケル・フランクス、角松敏生、松岡直也、千住真理子あたり。SX-L33との比較では、高音が鳴りすぎず、低音は比較的良く鳴る。高音が響きすぎないので、全般的に角が取れてバランスがいい感じがする。もっともSX-L33と交互に聞いたわけではないので、かなり感覚的な印象だが。

 ちなみにAVアンプはやはりONKYOのTX-DS494という最廉価アンプです。

|

« 岩宮 恵子「思春期をめぐる冒険―心理療法と村上春樹の世界」 | Main | ONKYO CR-185II »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/47119256

Listed below are links to weblogs that reference ONKYO D-102A Compact:

« 岩宮 恵子「思春期をめぐる冒険―心理療法と村上春樹の世界」 | Main | ONKYO CR-185II »