« ONKYO D-102A Compact | Main | 沢野ひとし「山の時間」 »

ONKYO CR-185II

ONKYO CR-185II
承前・・・なんて表現、いまどき使うかな

 PC用のスピーカーを変えたくて検討した結果、ミニコンポ+パッシブスピーカーという選択をした。
 要するにPCからのサウンド出力をオーディオアンプに入力して、アンプにつないだスピーカーから音を出す。

 現在のPC用の再生環境は、ONKYOのサウンドカードSE-90PCIとONKYOのアンプ内蔵式スピーカーGX-D90の組み合わせで、PC用としては十分いい音で鳴っている。
 しかし、それでも廉価版の組み合わせとはいえオーディオの音に負ける。

 当初はスピーカーのレベルアップを検討。しかし、アンプ内蔵式、すなわちパワードスピーカーはGX-70HDを以前に使ったので、残るのはGX-100HDか思い切ってGX-500HDにするという手。しかし、GX-100HDは3万円弱、GX-500HDは5万円もする。

 5万円も出したらJBL4312Mくらい買える。もっともこれはパワードスピーカーではなくて、パッシブスピーカー、すなわち通常のオーディオ用のスピーカーで、鳴らすにはアンプが必要。
 PCの出力を、アンプ+パッシブスピーカーで鳴らすなら、今のAVアンプにPCを接続すればいいのだが、レイアウトやAVアンプに接続しているDVDレコーダーとの接続切り替えなどの課題もあり、PC用とオーディオは分離したい。

 アンプは当初はONKYOMA-500Uを検討。安いショップだと1万円+αくらい。このくらいなら許せるか。けっこう評判もいいし、面白い使い方もできそうだ。

 しかし、ネットでONKYOのCR-185の話題を発見。正式にはINTEC185シリーズのCD内蔵レシーバー。こちらを見ると中古やジャンクはマニア向けの製品らしく、CDが動かないジャンクを激安で入手して修理して使う器用な人も多い。
 リモコンがないとトーン調整もできないなど不便があるとのことと、CD動かなくても所期の目的にはかなうが動くほうがいいので、不器用なぼくは完動品のCR-185II(=CR-185M2 リンク先は185IIでなくて185X)をゲットした。

ボタンだらけのリモコン

 マニュアルはONKYOサイトにもないので185Xの英語版マニュアルをここで落とした。ボタンだらけのリモコン操作を覚えるのに便利。

 CR-185IIをPC台の上のプリンターの横に置き、PCに接続。
 CR-185IIには光デジタルの出力はあるが入力はないので、SE-90PCIからはアナログでLINE INに接続。スピーカーは今までAVアンプに接続していたVictor SX-L33。当初はONKYO D-102A Compactを接続するつもりでいたが、SX-L33のほうが幅も奥行きもD-102Aより小さいので(高さはSXのほうが高い)デスクトップに置くにはこちらのほうが重宝する。

 同じスピーカーでも置き場所が違うのでCDを鳴らすと、AVアンプに接続していたときのほうがメリハリがあるように思えた。しかし、PC内の音源を鳴らすとやはりGX-D90よりは奥行きがあって伸びやかに鳴る。ヘッドホンでも聞いてみたが、やはりこちらもまともである。

  アンプ CR-185IIが約48,000円、スピーカー D-102A Compactが36,000円、合計85千円くらいが10年以上前の定価。今回の取得額はその1/20程度。ちなみに横幅185ミリのCRシリーズは今もあって後継機のCR-D2は、定価61,850円也。

|

« ONKYO D-102A Compact | Main | 沢野ひとし「山の時間」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/47121164

Listed below are links to weblogs that reference ONKYO CR-185II:

« ONKYO D-102A Compact | Main | 沢野ひとし「山の時間」 »