« 村上春樹イエロー辞典 | Main | ブルーマン »

村上春樹&村上龍「ウォーク・ドント・ラン」

村上春樹&村上龍「ウォーク・ドント・ラン」
 村上春樹と村上龍の対談集である「ウォークドントラン」は刊行は81年だが対談は80年である。
 春樹31歳、龍28歳。
 村上春樹は「風の歌」と「1973年のピンボール」を出し、後に「世界の終わりとワンダーランド」になる「街とそお不確かな壁」を書いたばかりで「羊の冒険」は執筆以前。しかし最初の2作を受けた長いものを書きたいと語っている。また「街と」についてはこのままではだめといい、村上も同意している。
 一方の村上龍は「限りなく透明に近いブルー」で群像新人賞とともに芥川賞をとってしまい、「コインロッカー・ベイビー」を刊行したばかり。
 そんな若々しい二人の対談は今読むととても新鮮であり、エキサイティングだ。

 村上龍の作品は大昔に「ブルー」を読み、その後は「ラッフルズホテル」とか「5分後の世界」とかそこそこ先のものしか読んでおらず、「コインロッカー」も読んでいないので、彼のこの時期がどんなだかはぜんぜんしらないし、実は現在の彼についてもよく知らない・・・。
 春樹に比べてよくメディアに出る人だな、という印象があってあまり読まなかった。

 村上春樹のほうは最近、代表作を順番に読み直していることもあり、また今年の「1Q84」現象や毎年のように繰り返されるノーベル賞騒ぎもあるので、ジャズ喫茶と兼業しながら、これからどうずべきかと悩みながらも同時代に同志を得た思いで語る村上春樹と龍が妙に初々しくも見える。

|

« 村上春樹イエロー辞典 | Main | ブルーマン »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/46754830

Listed below are links to weblogs that reference 村上春樹&村上龍「ウォーク・ドント・ラン」:

« 村上春樹イエロー辞典 | Main | ブルーマン »