« 石田 衣良「40―翼ふたたび」 | Main | 「新幹線の車窓から 東海道新幹線編」 »

森博嗣「ZOKU」シリーズ

ZOKUZOKUDAMZOKURANGER

 軽いものと言えば森博嗣のZOKUシリーズ。しかもシリーズが進むにつれどんどん軽くなる。
 これがシリアスなSF小説「スカイクロラ」シリーズと同じ作者の著作かと思う。

 1冊目の「ZOKU」は謎の秘密結社ZOKUとそれに対抗する政府組織・・・、実は飛行機マニアと鉄道オタクにして大財閥のトップのお遊び。拠点はそれぞれ特別製のジェット機と電機機関車・・。それらを拠点にして都会で細かいいたずらを繰り返し、またそれを阻止する。
 2冊目「ZOKUDAM」は「ZOKU」の続編。もちろんモチーフはガンダム。秘密組織がロボットを作ってはみたものの、アニメのように自由に動くわけはなし、また操縦者もニュータイプならぬふつうの人間なので戦闘訓練だけで疲れ果てる・・・。
 3冊目「ZOKURANGER」のモチーフはゴレンジャー。ここまで来ると森博士もネタがつきたのか舞台を得意の大学キャンパスに移し、2作めまでと同姓同名で全く性格も同じ人のパラレルワールドの世界になる。キャンパス内でどうしてゴレンジャーの格好をしなければいけないのかは別にして、そこはかとなく、くだらなくて面白い。

|

« 石田 衣良「40―翼ふたたび」 | Main | 「新幹線の車窓から 東海道新幹線編」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/46347330

Listed below are links to weblogs that reference 森博嗣「ZOKU」シリーズ:

« 石田 衣良「40―翼ふたたび」 | Main | 「新幹線の車窓から 東海道新幹線編」 »