« 「OVERCOMING -ツール・ド・フランス 激闘の真実」 | Main | ブレッド&バターIN 鎌倉歐林洞 »

エンゾ早川「ジロ・ディ・箱根」

エンゾ早川「ジロ・ディ・箱根」

「ジロ・ディ・箱根」は、エンゾ早川さんの自転車屋さんに集まる人たちによる箱根2周!の草レースの話である。本人もお客さんも最初は箱根をなんとか1回登れるかどうかのあたりからついに2周するレース、最後には3周というのまで出てくる。3周だと出発点の茅ヶ崎の自転車屋さんから距離230キロ!、標高差3,900m。山岳レースとしてはツール・ド・フランスを上回るジロ・デ・イタリアにあやかった草レースの名前にふさわしい。

 もちろんお客さんがみんながみんな完走できるわけではないし、ぼくが茅ヶ崎界隈に住んでいてここで自転車を作っても参加しないだろうけど、いわゆるアマチュアレース以外にこういう形の自由走行があってもいいと思う。
 個人的に興味深いのは椎間板ヘルニアに襲われた著者が自転車トレーニングで半年で自然治癒させたこと。
 宗教的な記述が??と思うところがあるが、ぼくも山歩きをしていたころときどき山の神様というか自然に抱擁されるような感覚を持つこともあるので、自転車で走っていてもそういうのがあってもいいかもしれない。

 エンゾ早川さんは単なる自転車屋なので、否定する人がけっこう多く、AMAZONのレビューにも叩いている人がいるが、ロードレーサーで普段は30キロ以下で走っているんだろうか。すべての自転車雑誌がスピード違反を推奨していることになるけど。

|

« 「OVERCOMING -ツール・ド・フランス 激闘の真実」 | Main | ブレッド&バターIN 鎌倉歐林洞 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/45967161

Listed below are links to weblogs that reference エンゾ早川「ジロ・ディ・箱根」:

« 「OVERCOMING -ツール・ド・フランス 激闘の真実」 | Main | ブレッド&バターIN 鎌倉歐林洞 »