« サドル高を上げる 2009/8/16 | Main | エンゾ早川「ジロ・ディ・箱根」 »

「OVERCOMING -ツール・ド・フランス 激闘の真実」

OVERCOMING -ツール・ド・フランス 激闘の真実

「OVERCOMING -ツール・ド・フランス 激闘の真実」は、まだランスが連覇していた頃、2004年のツール・ド・フランスにおけるチームCSCを中心とした記録映画である。

 時代や背景、登場人物についてなどのナレーションや説明は一切なく、淡々と記録が再生される。
自転車レースやツール・ド・フランスを知らない人が見てもきっとまったく理解できない。そういう意味では中級向けの映画である。

 映画製作時はまだエースではなかったカルロス・サストレの義兄がレース最中に薬物中毒で急死したり、もちろん落車や骨折によるリタイヤ、そうでない正常な選手でもレース後のマッサージでの疲れた様子などの舞台裏がそのまま流れる。

 バッソの母親が癌となり、癌を克服したランス・アームストロングに相談をし、化学療法を始める初日のレースでバッソはランスと競ってステージ優勝するのがひとつのクライマックスではあるが、翌日のレースでは同じ二人の一騎討ちで今度はランスが勝つ。前日のバッソの優勝については「今日は勝てなくてうれしかった」というランスの言葉も残されており、やや疑念がある。ステージレースではわざと勝たないこともあるにはあるが・・・。

 ツール・ド・フランスの記録映画ということで熱い戦いやレースの模様を予測すると裏切られる。監督も選手もふつうの人間だということがわかる。悪い映画ではない。

|

« サドル高を上げる 2009/8/16 | Main | エンゾ早川「ジロ・ディ・箱根」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/45955477

Listed below are links to weblogs that reference 「OVERCOMING -ツール・ド・フランス 激闘の真実」:

« サドル高を上げる 2009/8/16 | Main | エンゾ早川「ジロ・ディ・箱根」 »