« ランス・アームストロング「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」 | Main | 江戸東京たてもの園 2009/7/18 »

ヱヴァンゲリヲン新劇場版・破

 ヱヴァンゲリヲン新劇場版・破を見てきた。
 序より面白い。

 いつもながら画面がとてもきれい。
 大画面・大音響・綺麗な画像を楽しめる。
 ストーリーは「エヴァンゲリオン」版1Q84というか、得意のパラレルワールドだ。
 前作・序でもその傾向はあったが、さらにその傾向が深まり、TV版のストーリーながら少しずつ異なってくる。
 そうそう、惣流・アスカ・ラングレーの頭の日本名が「式波」になっていた。
 鈴原トウジは参号機に乗らない!
 アスカが代りに乗るが、起動実験で爆発、使徒となり、ダミープラグで操作される初号機に粉砕されるところは同じだが、その後、精神汚染の可能性があるとされるシーンは新劇場版を4作で押さえるために帳尻を合わせたな、という感じがあった。
 あと、綾波レイが喋る!
 カオル君はなぜか途中の宇宙でたたずんでいただけなのが意外だった。
 
 前作はエンドロールの後に破の予告があったので、今回もエンドロールで席を立つ人はいなかった。

 次回作は「急」ではなく「Q」。もちろん1Q84よりも先に決まっていたが。

|

« ランス・アームストロング「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」 | Main | 江戸東京たてもの園 2009/7/18 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/45660651

Listed below are links to weblogs that reference ヱヴァンゲリヲン新劇場版・破:

« ランス・アームストロング「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」 | Main | 江戸東京たてもの園 2009/7/18 »