« 桜ヶ丘公園とゆうひの丘 | Main | 日本史の旅は、自転車に限る! »

GX200を使ってみた

自動開閉キャップをつけた ハイエンド・コンパクトデジカメと呼ばれるリコーGX200を購入した。
 最初はLX3を調べていた。LX3がF2.0というホントにコンデジかよ、という明るいレンズで、暗いところにも強く、高感度での画質が良いところに惹かれたが、ズームが60mmまでなこと、ちょっと高いことや納期がかかるのが難点。
 一方、GX200はLX3の長所が短所でもありまるで性格は逆。高感度での画質がノイジーなこと、レンズはF2.5までなことがやや難点であるが、人物や室内でのスナップを撮ることが少ないぼくにはノイズの問題はあまり関係なく、今まで使っていたCaplio R6と似た操作系のGX200にした。>
 まあ、ズームは72mmなので遠望撮影は無理だが、200mmを使うシーンは年に1,2回しかないし、その時はデジ一眼をかついで行く。

 というわけでGX200と自動開閉キャップを購入。ついでにミニ三脚とレリーズ代りのケーブルスイッチCA-1も購入した。
 最初は何回やってもぼけた写真になり悩みましたが、ああ、手ぶれ補正能力がCaplio R6と同レベルなんだと気がついて決着。あぶない場面ではミニ三脚をつけて見るとか、そこまでしなくてもケーブルスイッチでシャッターを切れば大丈夫。撮影した画像をその場で拡大して見る方法もわかったのでその場で確認、やり直しできます。

【良かった点】
ボケ味:F3以下ならボケ味もかなりよく出る。

ホワイトバランス:AUTOで十分なのがありがたい。季節により桜や紅葉では違うかもしれないが、最近の雨、曇りかちの天気の下での緑は絶妙である。RAWで撮ろうが何であろうが、色調補正、色温度補正をするとなんかインチキしているような気になるけどそれをほとんどしないで済むのがありがたい。RAWと同時記録のJPGを見るとRAWもいらないような気がする。
バッテリー容量:RAW1:1撮影でざっくり200枚くらいだろうか。それほど持ちは悪くはないものの、念のためROWAで代替品を購入した。

【使って便利】 

 ・自動開閉キャップ LC-1:必須です。デジ一眼のときははずしてキャップをどこに入れておくか悩み、撮影を中断したときにキャップを閉めわすれることがよくあったんで。ただしキャップには隙間があるので埃には注意が必要。
 ・ケーブルスイッチ CA-1:USB接続のレリーズですね。コンデジはシャッターを押すときにぶれてしまうのでデジ一眼でも購入している。コンデジのくせにこういうパーツがあるところがGX200は凄いな。もちろん半押しもできる。電池駆動で使うときに電源を入れるのがちと面倒。ちょっとちゃっちい
 ・1:1撮影。画面比を1:1の正方形で撮影するモードですが、いきなり気に入ってます。被写体によっては全然使えないんだろうけど、自然相手だとこれけっこう便利です。ファイル容量も少ないし。

 ・電子水準器:自分がいかに斜めに撮影していたかわかります。従来は加工時に回転させて補正しましたがその必要がなくビシっと水平が出る。気にしすぎると良くないけど。
 ・ボタン配置と機能:ファンクションボタンなどのプリセットボタンの機能とボタンの位置はよく考えた位置にボタンがありとても使いやすいです。いろいろ設定できるのもCaplio R6と同じで便利です。
 ・ポップアップのフラッシュ:一眼と同じであげないと光らないので、AUTOにしておいても予定外で光ってびっくりすることがない。
 ・ディストーション補正:広角時の両端のゆがみを補正して平らにする機能。そんなもんどうでもいいじゃんと思っていたけど、やっぱり遠景を撮影したりするとき便利。

【良くない点】

 ・今のところないです。

写真はこちら
夜間撮影テスト

|

« 桜ヶ丘公園とゆうひの丘 | Main | 日本史の旅は、自転車に限る! »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2457/45191547

Listed below are links to weblogs that reference GX200を使ってみた:

« 桜ヶ丘公園とゆうひの丘 | Main | 日本史の旅は、自転車に限る! »